ものと人間の文化史<br> 木綿再生

個数:

ものと人間の文化史
木綿再生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月22日 16時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588214714
  • NDC分類 586.27
  • Cコード C0320

内容説明

自らの人生遍歴と木綿・絣を愛する人々との出会いを織り重ねてつづり、木綿の奥深い魅力を語りつつ、リサイクル文化としての木綿再生のみちを探る。写真400点を収録。

目次

第1章 木綿収集の四十余年(佐々絣のこと;古布の祭り展;絵餅の力強さ;来民文庫とかすり蔵;木綿往生記;蘇る染物)
第2章 木綿私記(戦中・戦後の農村で;農婦と通信教育生;日本女子大学通信教育で学ぶ;餅に導かれて)
第3章 機結びは解けなかった(夫の仕事;文化活動;信じることを織りで学ぶ)
第4章 浜辺に立って(「漁火のような広がりを」;種をまき、芽吹かせた人;浜辺に立って)
第5章 木綿を伝え続けて(織機と猫の思い出;織物を伝え続けて;着物つれづれ;綿を紡ぐ学生たち;沖縄再訪)

著者紹介

福井貞子[フクイサダコ]
1932年鳥取県に生まれる。日本女子大学(通信教育)家政学部卒業。大阪青山短期大学講師を経て、倉吉北高等学校教諭、同校倉吉絣研究室主事をつとめる。1988年同校を退職。日本工芸会正会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)