依存と自立の精神構造―「清明心」と「型」の深層心理

個数:

依存と自立の精神構造―「清明心」と「型」の深層心理

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 318,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588186028
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

出版社内容情報

具体的な治療例の考察を通して,日本的とされてきた心理特性に普遍的な要素を見出して精神構造論に位置づける。土居健郎『甘えの構造』に代表される理論への批判。

内容説明

もっぱら西欧の「個」の概念およびその文化的伝統との単純な対比で論じられてきた日本的心性を、具体的な精神療法の臨床観察を通して、より普遍的な視点からとらえ直した労作。土居健郎『甘えの構造』をはじめとする日本人論を批判しつつ乗り越え、日本人の依存と自立にかかわる無意識的葛藤を「清明心」と「型」をキーワードに解明する。

目次

1 精神療法と文化論
2 「依存/自立」の三領域
3 依存と自立の諸相をめぐるダイナミズム(日本的特異性と普遍性)
4 「依存/自立」のダイナミズムを発動化させる原理―「型」
5 結語「清明心」と「型」のダイナミズム

著者等紹介

長山恵一[ナガヤマケイイチ]
1951年、群馬県に生まれ。鳥取大学医学部卒業。東京慈恵医科大学大学院博士課程精神医学専攻修了。医学博士。法政大学文学部助教授・教授を経て、現在、法政大学現代福祉部教授。著書に『森田療法の研究―新たな展開をめざして』(金剛出版、共著)、『心理療法の本質―内観療法を考える』(日本評論社、共著)がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。