個と普遍―レヴィナス哲学の新たな広がり

個数:

個と普遍―レヴィナス哲学の新たな広がり

  • 提携先に11冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時19分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 417p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151224
  • Cコード C3010

出版社内容情報

20世紀の倫理学に根源的な転回をもたらしたレヴィナス。そのいまだ汲み尽くされざる可能性について、東方/東洋の伝統思想やユダヤ思想史からの視点、ケアや医療分野での応用、現代哲学からの新たな解釈という全3部からアプローチした国際シンポジウムの記録。仏、米、墺やイスラエル、韓国など海外の研究者、日本のベテランから若手まで総勢20名による多彩な論考が、これからの倫理の扉をひらく。

内容説明

東洋と西洋、“自”と“他”の境界をめぐる新たな対話。20世紀の倫理学に根源的な転回をもたらしたレヴィナス。そのいまだ汲み尽くされざる可能性について、東方/東洋の伝統思想やユダヤ思想史からの視点、ケアや医療分野での応用、現代哲学からの新たな解釈という全3部からアプローチした国際シンポジウムの記録。仏、米、墺やイスラエル、韓国など海外の研究者、日本のベテランから若手まで総勢20名による多彩な論考が、これからの倫理の扉をひらく。

目次

第1部 レヴィナスと「東方/東洋」(東方イスラエリット師範学校校長としてのレヴィナスと伝統―世界イスラエリット同盟アーカイヴ所蔵文書を読む;東西のあいだの現代ユダヤ哲学―マルティン・ブーバーとエマニュエル・レヴィナス;レヴィナスにおける“東方”についての極端な思考―ジュディス・バトラーからの批判に対して ほか)
第2部 レヴィナスとケアの倫理(「子どもをもつ」とはいかなることか―反出生主義に抗するレヴィナス;倫理的ケアの関係はありうるのか―レヴィナスとともにケアを考える;享受と傷―“同”の内なる“他”としての主体性をめぐって ほか)
第3部 レヴィナスと新たな対話(利己愛から利益へ―レヴィナスとジャンセニスム;レヴィナスと「記憶不可能な過去」―カントおよびシェリングを経由して;ジャン・ヴァールの下降的超越とレヴィナス ほか)

著者等紹介

杉村靖彦[スギムラヤスヒコ]
1965年生。京都大学大学院文学研究科教授。現代フランス哲学・宗教哲学。著書に『ポール・リクールの思想』(創文社、日本宗教学会賞受賞)ほか

渡名喜庸哲[トナキヨウテツ]
1980年生。立教大学准教授。現代哲学・社会思想

長坂真澄[ナガサカマスミ]
1976年生。早稲田大学国際学術院准教授。宗教哲学、独仏現象学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。