ニーチェ―外なき内を生きる思想

個数:

ニーチェ―外なき内を生きる思想

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年04月24日 01時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 301p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151170
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1010

出版社内容情報

苦しみに満ちた「この生」に、救いを与えてくれるような外部はない。すべてがむなしく過ぎ去ってゆく仮象のごとき世界を、人はどのように肯定できるのか? ニーチェの生きた哲学的問いを、「夢」「自由」「意志」の主題に即して語り直し、ニヒリズムの克服を可能にする治療(セラピー)としての哲学の力を探る。実存の意味をめぐる、健康な哲学的思考にいざなう書。

内容説明

苦しみに満ちた「この生」に、救いを与えてくれるような外部はない。すべてがむなしく過ぎ去ってゆく仮象のごとき世界を、人はどのように肯定できるのか?ニーチェの生きた哲学的問いを、「夢」「自由」「意志」の主題に即して語り直し、ニヒリズムの克服を可能にする治療(セラピー)としての哲学の力を探る。実存の意味をめぐる、健康な哲学的思考にいざなう書。

目次

序論 「外なき内」とは何か
第1部 夢の哲学者ニーチェ―初期著作における生成の問題(哲学者ニーチェの出発点;夢のなかでいかにして夢だと気づくか―『悲劇の誕生』における仮象の哲学;歴史に内在する生―「生に対する歴史の利害」における地平の問題)
第2部 外なき内における自由―中期著作における必然性の問題(外なき内に自由はあるか―『人間的、あまりに人間的』と『曙光』における必然性の問題;外なき内の世界の自然化―中期著作におけるニーチェの道徳批判;セラピーとしての哲学―外なき内としての生の治療)
第3部 ニーチェの意志の心理学―後期著作におけるニヒリズムの問題(なぜ世界は外なき内になったのか―ニヒリズムの成立をめぐって;ニーチェによる意志の心理学―『善悪の彼岸』における霊魂論をめぐって;意思と解釈としての世界―ニーチェによる「この生」の肯定)
結論
附論1 ニーチェによる価値転換の思想
附論2 デリダの死刑論とニーチェ―罪と罰の脱構築に向けて

著者等紹介

梅田孝太[ウメダコウタ]
1980年、東京都生まれ。博士(哲学)。上智大学大学院哲学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、上智大学文学部哲学科ほか非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。