身体忘却のゆくえ―ハイデガー『存在と時間』における“対話的な場”

個数:

身体忘却のゆくえ―ハイデガー『存在と時間』における“対話的な場”

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年02月28日 16時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 257p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151125
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1010

出版社内容情報

西洋哲学の歴史が忘却してきたのは、存在者の〈存在〉だけでなく、私たちの生身の〈身体〉もまた見失われてきたのではないか。従来、ハイデガー存在論に対して向けられてきた〈他者の不在〉という根本的批判、〈共存在〉をめぐる倫理の難問に、〈身体〉を介した〈対話〉の場の究明をつうじて正面から取り組む試み。第5回「ハイデガー・フォーラム渡邊二郎賞」受賞者による気鋭の論考。

内容説明

西洋哲学の歴史が忘却してきたのは、存在者の“存在”だけでなく、私たちの生身の“身体”もまた見失われてきたのではないか。従来、ハイデガー存在論に対して向けられてきた“他者の不在”という根本的批判、“共存在”をめぐる倫理の難問に、“身体”を介した“対話”の場の究明をつうじて正面から取り組む試み。第5回「ハイデガー・フォーラム渡邊二郎賞」受賞者による気鋭の論考!

目次

序論
第1章 存在了解の遂行の“場”―“対話的な場”の究明に向けて
第2章 実存論的な空間性を可能にする“場”―現存在の「身体」の究明
第3章 身振りとしての“場”―「身体」と「語り」の連関の究明
第4章 現事実的で異質な他者と出会う“場”―「身体」に基づく共存在の究明
第5章 「語り」の遂行としての“対話”―『存在と時間』における「言うこと」と「名付けること」の究明
第6章 『存在と時間』における“対話的な場”―他者との“対話”という「倫理」の究明
結論

著者等紹介

高屋敷直広[タカヤシキナオヒロ]
岩手県出身。2019年度、法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士後期課程修了、博士(哲学)。現在、法政大学・浦和大学特別招聘講師など。専門領域はハイデガーを中心とする現代思想、身体論、倫理学。主な受賞歴:第5回「ハイデガー・フォーラム渡邊二郎賞」、2018年度「法政哲学会泰本賞」(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。