戦場の哲学―『存在と無』に見るサルトルのレジスタンス

個数:

戦場の哲学―『存在と無』に見るサルトルのレジスタンス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 18時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 544p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588151118
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1010

出版社内容情報

サルトル研究の第一人者ミシェル・コンタは『存在と無』はレジスタンスの書であるという。本書の著者、生方淳子はそこからさらに、サルトルがカントとヘーゲルに挑戦し、フッサールとハイデガーの批判的継承をとおして、新たな自由の哲学を打ち立てようとする思考回路を見出す。自由の必然性を証す意識の現象学が、それ自体として無言のレジスタンスとなるだろう。ここから私たちは何を学びうるのか。

内容説明

戦争を招いた“愚劣さ”への哲学によるレジスタンス。サルトルは“愚劣さ”への怒りに突き動かされていた。戦争に、自己欺瞞や無反省的な服従へと陥る人間のあり方に。本書はサルトル研究の第一人者ミシェル・コンタの未刊行講演「『存在と無』とレジスタンス」を受け、サルトルがカントとヘーゲルへの挑戦とフッサールとハイデガーの批判的継承をとおして新たな自由の哲学を打ち立てようとする思考回路を見出す。

目次

第1部 ナチズムの闇の中で(『存在と無』とレジスタンス―ミシェル・コンタ講演解説;第二次世界大戦と『存在と無』の生成)
第2部 ドイツ哲学の地平を見据えて(カント;ヘーゲル)
第3部 新たな自由の地平を目指して(フッサールおよびハイデガーとの出会いの神話;フッサールとハイデガーの間で;課題とメッセージ)
終章 戦争と存在論(二〇世紀の戦争とサルトル;二一世紀のレジスタンス)

著者等紹介

生方淳子[ウブカタアツコ]
1957年、群馬県生まれ。1980年、青山学院大学文学部卒業。1983年、東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1996年、パリ第1(パンテオン=ソルボンヌ)大学博士課程修了。哲学博士。国士舘大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。