尊厳概念のダイナミズム―哲学・応用倫理学論集

個数:

尊厳概念のダイナミズム―哲学・応用倫理学論集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年08月12日 18時20分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 442p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150869
  • NDC分類 114
  • Cコード C1010

内容説明

“尊厳”とは何か。価値論的なアプローチと「人間の尊厳」そのものの問い直しから、尊厳概念の理論的基礎を構築する。生命倫理から、ヒト胚、再生医療、ゲノム編集、尊厳死、介護、環境倫理、障碍者の権利、ワークライフバランス、ロボットの尊厳まで。哲学と応用倫理学の内外の研究者による最先端の議論を通して、多元化する「尊厳概念」と、様々な「現場」を、ダイナミックに架橋する。

目次

第1部 哲学編(哲学的価値理論のオプション;自律と承認;単に生き延びることから、人間の尊厳にふさわしく生きることへ―ジャン・アメリーに続いて考える;「尊厳」概念の意味と機能をめぐる生成論と形而上学的観点からの考察;人間の尊厳と自然の尊厳が意味するもの)
第2部 応用倫理学編(生命倫理における人間の尊厳;象徴としてのヒト胚―日本のヒト胚政策における“人間の尊厳”概念に関する一考察;日本のES細胞研究ガイドラインと人の尊厳;ヒトの生殖細胞を対象とするゲノム編集技術の応用に関する倫理的検討―中山大学の実験に対する中国の倫理学議論の批判的考察;介護の文脈における人格の自律、依存性そして尊厳 ほか)

著者等紹介

加藤泰史[カトウヤスシ]
1956年生まれ。名古屋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。修士(文学)。一橋大学大学院社会学研究科教授。哲学、倫理学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

《尊厳》とは何か。価値論的なアプローチと「人間の尊厳」そのものの問い直しから、尊厳概念の理論的基礎を構築する。さらには、生命倫理、ヒト胚、再生医療、ゲノム編集、尊厳死、介護、環境倫理、障碍者の権利、ワークライフバランス、ロボットの尊厳まで、哲学と応用倫理学の内外の研究者による最先端の議論を通して、多元化する「尊厳概念」と様々な「現場」をダイナミックに架橋する。