続・ハイデガー読本

個数:

続・ハイデガー読本

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月10日 06時24分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 339,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784588150777
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1010

内容説明

哲学史との対決、現代思想との対話。生涯の思索をつぶさにたどった決定版の入門書『ハイデガー読本』の続編。古代以来の哲学史と現代思想の流れのうちにハイデガーを位置づけ、その開かれた窓を通して精神史全体を眺望する。古今の思想家との緊張にみちた対決・交渉・影響関係を描き出し、日本での受容史をも一望。精鋭執筆陣50名の知を結集した必携の一冊!

目次

第1部 哲学の伝統との対話―古代ギリシアから近代ドイツまで(アナクシマンドロス、ヘラクレイトス、パルメニデス―原初の思索家たち;プラトン―豊かな暗闇;アリストテレス―『形而上学』第一巻第一~二章が人を感激させる理由 ほか)
第2部 二十世紀の潮流のなかで―思索者たちの遭遇(ニーチェ、ヴェーバー―「学問の危機」をめぐって;ディルタイ、ヨルク―『存在と時間』成立の一大ドキュメント;ベルクソン、マルセル―希望をめぐって ほか)
第3部 ハイデガー以後と現代思想―他なる思考の競演(ブロッホ、ローゼンツヴァイク、ベンヤミン―反転する時間、革命としての歴史;アドルノ、ハーバーマス、ホネット―危機の時代の生存と哲学;リクール―「短い道」と「長い道」 ほか)

著者等紹介

秋富克哉[アキトミカツヤ]
1962年生。京都工芸繊維大学教授

安部浩[アベヒロシ]
1971年生。京都大学教授

古荘真敬[フルショウマサタカ]
1968年生。東京大学准教授

森一郎[モリイチロウ]
1962年生。東北大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件