東アジアのカント哲学―日韓中台における影響作用史

個数:

東アジアのカント哲学―日韓中台における影響作用史

  • 提携先に7冊在庫がございます。(2020年11月30日 20時58分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150722
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C1010

内容説明

東アジアの近代知識人たちは、西洋思想史の不滅の古典であるカント哲学をどのように受容し、解釈し、批判してきたか。植民地統治と戦争・革命の歴史のなかで、日本・韓国・中国・台湾の思想界がカントを翻訳紹介していった歴史的文脈とその政治的意味、さらには相互的な影響関係を、各国の第一線の研究者たちが跡づける国際共同研究の成果。

目次

第1部 日本における翻訳・受容史(幕末から第二次世界大戦敗戦まで;第二次世界大戦敗戦後から21世紀まで)
第2部 中国・香港・台湾における翻訳・受容史(中国におけるカント研究―1949年まで;中国大陸のカント研究―1949年以降;戦後台湾のカント研究)
第3部 韓国における翻訳・受容史(韓国におけるカント哲学研究の由縁と展開;韓国におけるカントと東洋哲学の比較研究)
カント哲学の影響作用史の現状と課題

著者等紹介

牧野英二[マキノエイジ]
1948年生。法政大学文学部哲学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件