思想間の対話―東アジアにおける哲学の受容と展開

個数:

思想間の対話―東アジアにおける哲学の受容と展開

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 359,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150715
  • NDC分類 120.2
  • Cコード C1010

内容説明

日本、中国、韓国はそれぞれの伝統に依拠しつつ西洋哲学を受容することで近代哲学を形成してきた。哲学や思想における特徴や制限は、他の思想を鏡として、そこに映し出すことで明らかになる。なぜ違いが生まれたのか。互いの違いをどう克服するのか。西田幾多郎、吉田松陰、九鬼周造、西周、和辻哲郎、土田杏村、大西克礼、戸坂潤…。受容から対話へと続く道から、いま、東アジアにおける哲学的創造の新たな意義と可能性が拓かれる。

目次

第1部 思想の対話(思想間の「対話」とは何か;哲学的オーケストラの実現のために ほか)
第2部 東アジアという視座から見た哲学の形成(東アジアと哲学―一九三〇年代の対立と相互作用;東アジア近代哲学史の可能性―土田杏村のこころみにみる ほか)
第3部 日本における哲学の形成と発展(西周の哲学―翻訳的探究を経て新たな知の創造へ;日本語と日本的霊性―日本における哲学の形成と発展 ほか)
第4部 西田哲学の位置(「場所」の思想の深層―「西田とハイデガー」の対比と「世界交差」としての西田哲学;モナドロジーと西田哲学―「一と多の矛盾的同一」について ほか)

著者等紹介

藤田正勝[フジタマサカツ]
1949年生まれ。京都大学大学院総合生存学館・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。