閾の思考―他者・外部性・故郷

個数:

閾の思考―他者・外部性・故郷

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月30日 20時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 564p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150678
  • NDC分類 304
  • Cコード C1010

内容説明

日本のナショナリズム批判にはじまり、異種混淆的な生を説くポストコロニアリズムを経て、いまだ日本帝国支配の爪痕が残る東アジアへと眼差しは向かう。そして主体の脱臼を媒介とした新たな「故郷」の創出へと。安丸良夫、柄谷行人、酒井直樹、エドワード・サイード、ホミ・バーバ、タラル・アサド、ガヤトリ・スピヴァク、ジョルジョ・アガンベン、山尾三省らの思想を通して、「戸惑い」と「受苦」を絆とする新たな共同性が構想されていく。

目次

はじめに ポストコロニアル的な生をめぐる断想
序章 閾の思考―他者の眼差しのもとで
第1章 思想を紡ぎだす声―はざまに立つ歴史家 安丸良夫
第2章 ポストコロニアリズムという言説―ホミ・バーバ その可能性と限界
第3章 他者と共に在ること―ディアスポラの知識人 タラル・アサド
第4章 外部性とは何か―日本のポストモダン 柄谷行人から酒井直樹へ
第5章 モダニティ・帝国・普遍性―「近代の超克」と京都学派
第6章 帝国の記憶を生きる―ポストコロニアル批評と植民地朝鮮
終章 故郷への帰還―ガヤトリ・チャクラヴォルティ・スピヴァクから山尾三省、そしてジョルジョ・アガンベンへ
あとがき 震災の後に―アイデンティティの傷について

著者等紹介

磯前順一[イソマエジュンイチ]
1961年生まれ。宗教・歴史研究。文学博士(東京大学)。東京大学文学部助手、日本女子大学助教授を経て、国際日本文化研究センター准教授。ハーバード大学、ロンドン大学SOAS、チュービンゲン大学、ルール大学ボッフム、チューリッヒ大学の客員研究員および客員教授を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件