“自己”という謎―自己への問いとハイデッガーの「性起」

個数:

“自己”という謎―自己への問いとハイデッガーの「性起」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 403,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150654
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3010

内容説明

その思索の根本を貫く「性起」を論じてハイデッガー研究に新たな地平を拓く。「性起」を、「存在、時間、世界、物、真理、言葉、芸術、奥義、亀裂」等との関わりで論じ、西田幾多郎「自己論」との比較をも通じて、哲学のみならず人間の抱える根本問題の一つとしての「“自己”とは何か」の問いに挑む。

目次

序論
本論 ハイデッガーにおける「自己」の問題と「性起」(「自性」と「奥義」と性起(真理と性起)
「存在の亀裂」と性起
“時間”という謎―時間と性起
「存在」:「ある」ということをめぐる「格闘」―存在と性起
言葉と性起
“物”という謎:根源的物性―物と世界と性起
芸術の可能性―芸術と性起
ハイデッガーの「性起」とは何だったか―ハイデッガーにおける「自己」)
展望 性起と思索の可能性―“自己”の問題の新たな可能性へ(哲学と“自己”との一つの可能性―ハイデッガーと西田哲学;“自己”の真相:“自己”の問題の新たな可能性へ―“自己”という「事態」:“自己する”自己)

著者等紹介

小柳美代子[コヤナギミヨコ]
早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程修了。現在、早稲田大学教員、博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。