叢書・ウニベルシタス<br> 精神分析と横断性―制度分析の試み (新装版)

個数:
  • 予約

叢書・ウニベルシタス
精神分析と横断性―制度分析の試み (新装版)

  • ご予約受付中
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ◆通常、発売日にウェブストアから出荷となります。
    ◆指定発売日のある商品は発売前日にウェブストアから出荷となります。
    ◆一部商品(取り寄せ扱い)は発送までに日数がかかります。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆表示の発売日や価格は変更になる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判
  • 商品コード 9784588140600
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1310

出版社内容情報

ドゥルーズ = ガタリの思想的源流。精神分析界の異端児ガタリの思想遍歴の書,先鋭かつ独創的な思考の結晶。各論考の意義を明確に位置づけたドゥルーズの序文を付す。

内容説明

ドゥルーズ=ガタリの思想的源流。精神分析界の異端児ガタリの思想遍歴の書にして先鋭的な思考の結晶。各論考の意義を明確に位置づけたドゥルーズの序文付。

目次

ジル・ドゥルーズの序文「三つの集合問題」
看護人‐医師の関係をめぐって
R・Aについての研究
未経験の生の崩壊―“私”の喪失(R・Aの日記の抜粋)
一日を活気づける小委員会の紳士淑女たち
制度論的精神療法入門
転移
制度論的治療法と学生社会における精神衛生問題に関する考察
横断性
制度論的精神療法に関する哲学者のための考察
左翼反対派の九つのテーゼ(要約)
記号から記号へ(抜粋)
集団と個人(とりとめのない総括)
因果性、主観性、歴史
反革命は習得できる科学である
自主管理とナルシズム
一九六八年六月末の討論から
学生、狂人、カタンガ兵(はみ出し者)
機械と構造
分析の裏返しとしての教育に関する考察
精神医学のゲリラ
集団的精神療法はどこからはじまるか
レーモンとイエスパノ・グループ
マオ=マゾ派あるいは不可能な五月
われわれはみな小集団なり

著者等紹介

ガタリ,フェリックス[ガタリ,フェリックス] [Guattari,F´elix]
1930年生まれ。フランスの精神分析家、哲学者。1992年没

杉村昌昭[スギムラマサアキ]
1945年生まれ。龍谷大学名誉教授。フランス文学・現代思想専攻

毬藻充[マリモミツル]
1950年生まれ。同志社大学大学院博士課程、パリ大学博士号専門研究課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。