叢書・ウニベルシタス
水と夢―物質的想像力試論 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 363,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588140303
  • NDC分類 901.1
  • Cコード C1310

目次

序 想像力と物質
第1章 明るい水、春の水と流れる水 ナルシシスムの客観的条件、恋する水
第2章 深い水‐眠る水‐死んだ水 エドガー・ポーの夢想における“重い水”
第3章 カロン・コンプレックス オフィーリア・コンプレックス
第4章 複合的な水
第5章 母性的水と女性的水
第6章 純粋と浄化、水の倫理
第7章 淡水の優位
第8章 荒れる水
むすび 水のことば

著者等紹介

バシュラール,ガストン[バシュラール,ガストン] [Bachelard,Gaston]
1884‐1962。フランスのバール=シュル=オーブに生まれる。故郷の高等中学を卒業後、電報局職員などをしながら独学。ソルボンヌ大学で数学の学士号をとり、1919年から母校の物理・化学の教師となる。22年、哲学教授資格試験に合格。27年、学位論文『近似的認識試論』により文学博士となり、ディジョン大学文学部教授をつとめる。40年、ソルボンヌ大学で科学史・科学哲学の教授となる。61年に文学国家大賞受賞

及川馥[オイカワカオル]
1932年宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。フランス文学専攻。茨城大学名誉教授、前愛国学園大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いやしの本棚

15
人がオフィーリアに惹かれる理由は何なのか知りたくて積んでいた一冊。表層的な知識に汚されない物質的想像力がほんとうに働くとき、人間の内面で「水」が喚起するイマージュが有機的に繋がっていくという詩学(ざっくり)。この論考自体が一篇の美しい"詩"である。「魂にとっての死は水になること」(ヘラクレイトス断章)自分の中では死と水の印象がまず最初にあったけれど、読み終えた時には爽やかな水の声が聞こえるようだった。オフィーリアについて前半で、後半では”浄化する水”について語るなど、絶望から希望へと至る構成が素晴らしい。2020/08/10

呼戯人

9
ガストン・バシュラールによる物質的想像力の研究。それ自身が長大な詩のように美しい詩学。こんなに素晴らしい詩的イメージの研究は他にはない。2017/02/01

みかん

0
白鳥モチーフ……2017/04/07

396ay

0
★卒論用。オフィーリア系の文献の中でいちばん重要なものだとおもう。以下はメモ。2020/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10126091

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。