叢書・ウニベルシタス<br> 世の初めから隠されていること (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
世の初めから隠されていること (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月27日 12時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 730,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588140037
  • NDC分類 389
  • Cコード C1338

目次

第1編 基礎となる人類学(犠牲のメカニズム、つまり宗教的なものの基礎;文化と諸制度の発生;人間化の過程;神話、偽装された基礎づくりのリンチ;迫害のテキスト)
第2編 旧約・新約聖書のエクリチュール(世の初めから隠されていること;福音書のテクストの非供犠的な読み;供犠的な読みと歴史的なキリスト教;ヘラクレイトスの「ロゴス」とヨハネの「ロゴス」)
第3編 個人対個人の心理学(模倣性の欲望;対象のない欲望;模倣と性衝動;精神分析的神話学;つまずきのかなた)

著者等紹介

ジラール,ルネ[ジラール,ルネ] [Girard,Ren´e]
1923年南フランスのアヴィニョンに生まれる。パリの古文書学院、アメリカのインディアナ大学で学業を修め、同大学をはじめジョンズ・ホプキンズ大学、ニューヨーク州立大学などを経て1981年からスタンフォード大学のフランス語学・文学・文明の教授。独自の模倣理論・三角形的欲望の理論・暴力理論をもとに、文学・社会学などの分野で注目すべき評論を行なっている

小池健男[コイケタケオ]
1926‐2012。東京教育大学仏文科卒業。18世紀フランス文学専攻。筑波大学教授を経て大妻女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。