情熱の哲学―ウナムーノと「生」の闘い

個数:

情熱の哲学―ウナムーノと「生」の闘い

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 46判/ページ数 356p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588130236
  • NDC分類 136
  • Cコード C1090

出版社内容情報

近代スペイン精神を代表する思想家・詩人であるミゲル・デ・ウナムーノ(1864~1936)。米西戦争から第一次世界大戦、スペイン内戦に至る激動の時代に立ち向かい、学問・批評・芸術活動に生命を燃やし続けたその大いなる人間的魅力と深淵に迫る。1976年に刊行された名著『ドン・キホーテの哲学』を改訂・大幅増補し、2018年の日本スペイン外交関係樹立150周年、サラマンカ大学創立800周年を記念して刊行!

目次

第1部(われわれにとってスペインとは何か;精神の風土―理性と信仰;わが友ドン・キホーテ―不滅を求める狂気の騎士よ;亡命と望郷;思索の旅 ウナムーノ巡礼)
第2部(ウナムーノの煩悶―その哲学の出発;ウナムーノの咆哮―その哲学の考察;ウナムーノと漱石―伝統と近代の狭間で)

著者等紹介

佐々木孝[ササキタカシ]
1939年、北海道帯広市生まれ。1962年、上智大学外国語学部イスパニア語科卒業。1967年、同大学文学部哲学科卒業。専攻、ウナムーノ、オルテガを中心とする現代スペイン思想。清泉女子大学、常葉学園大学、東京純心女子大学教授など歴任。東京外国語大学、早稲田大学、駒沢大学等で非常勤講師を務める。津波・原発の被災地となった故郷南相馬市でその現況を世界へ向け発信している

執行草舟[シギョウソウシュウ]
1950年、東京都生まれ。立教大学法学部卒業。実業家、著述家、歌人。ウナムーノの哲学思想に深く影響を受け、独自の生命論を確立し、実業に生かしている。また、戸嶋靖昌記念館館長、執行草舟コレクション主宰を務める。日本菌学会終身会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大楠公

3
日本では知名度の低い哲学者ミゲル·デ·ウナムーノの入門書。なんと40年ぶりに復刊されたとのこと。現代日本にも流れ込んでいる近代ヨーロッパ思想に流される事なく、孤独な戦いを挑み続けたウナムーノ。哲学というと難しいが、日本でも忘れ去られた武士道に通ずるドンキホーテの騎士道精神を如何に捉えるか等、日本人ならもともと持っている魂に近い思想なので、まだ分かりやすい気がする。血の通った内容、再度読み返したい一冊です。2018/02/24

Tetsuto

1
永遠への憧れを知る者のみが、執行社長の情熱を理解できる。今年は日本とスペインの友好150周年。「大衆の反逆」のオルテガですら西部邁氏の自死とともに完全に忘れ去られようとしている中でのウナムーノ推し!新渡戸稲造の師匠がカーライル、師匠の師匠がゲーテでだったように、オルテガの師匠がウナムーノだった。体系的な形而上学を打ち立てなかった騎士道スペインと武士道日本は通じ合う。ドン・キホーテを安売りしてはいけない。そこには人格の不滅性を訴える魂の叫びがある。あなたはセルバンティスタ?それともキホティスタ?2018/02/18

隠居

0
貴重だが話が散らかっている。2021/04/02

じーつー

0
読書会で紹介されて読んでみた哲学書。 哲学は初めて読んだけど、意味がわからない! 意味がわからないと言うことがわかったことが面白かった笑2019/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12544320

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。