日本戦没学生の思想―“わだつみのこえ”を聴く

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本戦没学生の思想―“わだつみのこえ”を聴く

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 318p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784588130175
  • NDC分類 916
  • Cコード C1010

内容説明

本書は、精神の軌跡および思想の内実を、『きけわだつみのこえ』はじめ、日記・手紙・論文・詩歌などの原遺稿に拠って読み解く。自由な思考を守り貫き、日本社会を普遍世界のうちに求めた、彼らの思想的な遺産を抜きにして、日本の近代は問い直しえないであろう。

目次

第1章 普遍世界連合の理想、敗戦による再生の期待―インターナショナリズムと日本の伝統美
第2章 西洋思想の学習と日本精神の狭間に―戦没学生における近代日本の苦悩
第3章 日中戦争への疑惑、「獣の如く戦い」「白々と思う」将兵―“近代の超克”とドストエフスキー『死の家の記録』
第4章 戦没学生における“正義”と“愛”―自由主義・個人主義・民主主義のアメリカとの戦争
第5章 歴史とは何であるか 世代の悲劇―戦争への国家意志と民族共同体への帰属
第6章 マルクス主義とキリスト教

著者等紹介

岡田裕之[オカダヒロユキ]
1928年生。法政大学名誉教授。経済学博士。日本戦没学生記念会理事長(2000‐03年)、同会事務局長、監事などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。