《思想・多島海》シリーズ<br> 崇高の哲学―情感豊かな理性の構築に向けて

個数:
  • ポイントキャンペーン

《思想・多島海》シリーズ
崇高の哲学―情感豊かな理性の構築に向けて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月06日 00時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 223,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100093
  • NDC分類 104

内容説明

崇高なものへの感受性や、精神を揺るがす畏怖の体験を、哲学はどう探究してきたか。バークとカントの「崇高と美」概念を中心に、ハイデガー、ウィトゲンシュタインの「驚異と崇高」の考察、アドルノ、リオタール、ナンシー、スピヴァク、ラクー=ラバルト、イーグルトンらに至る崇高論の展開を検討するとともに、現代における崇高の意義・批判的機能と、その拡散・喪失およびイデオロギー化との緊張関係を考察する。驚異と崇高の概念を軸に、人間の全体的理解、「情感豊かな理性」の可能性を問う。

目次

序論 崇高論の今日的意義
第1章 崇高の哲学と理性批判
第2章 批判哲学と崇高のイデオロギー
第3章 驚異と崇高―ウィトゲンシュタインとハイデガー
第4章 近代崇高論の地平
結論―情感豊かな理性の構築のために

著者紹介

牧野英二[マキノエイジ]
1948年8月9日生まれ。法政大学文学部教授(文学博士)。日本カント協会会長・日本ディルタイ協会代表理事。主専攻:哲学・倫理学・感性学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)