《思想・多島海》シリーズ<br> 晩年の思想―アドルノ、ワーグナー、鏡花など

個数:
  • ポイントキャンペーン

《思想・多島海》シリーズ
晩年の思想―アドルノ、ワーグナー、鏡花など

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 01時46分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 327,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100024
  • NDC分類 704

内容説明

「ワーグナーに近づこうとする者は、相手が一筋縄では行かない難物であることを肝に銘じてかかららねばならない」―バイロイト時代のワーグナーは、ショーペンハウアーの影響下に、人類の退廃および再生を論じ、共苦の思想を表明する一方、アーリア主義やインド熱などにも身を委ねた。ワーグナー晩年の、熟成と隣り合う矛盾・陥穽を深く読み取るとともに、アドルノという難物にも、そのテルミノロギー(用語)から理解の道筋をつけようと試みる。著者の、芸術と哲学のテクスト読解の熟成を示し、新たな精神的境地を拓く。

目次

アドルノ再読―ワーグナーと小林秀雄をめぐって
ミメーシス―アドルノのキイ概念をめぐって
非凡な思想家の誕生のドラマ
ハイデガーの覇権に挑戦
ベートーヴェンとヘーゲルを通底するもの
『不協和音』
ワーグナー受容の現在―反ワーグナーの系譜を踏まえて
十九世紀を代表する芸術家
エピファニー―神威の一撃
ヴェルズングの物語―『ヴァルキューレ』第一幕を中心に〔ほか〕

著者紹介

三光長治[サンコウナガハル]
1958年広島県に生まれる。52年京都大学文学部独文科卒業。愛知大学講師、神戸大学助教授、埼玉大学教授、神戸松陰女子学院大学教授を歴任

出版社内容情報

ワーグナーやアドルノら,楽・思一如の世界を探索して,一筋縄でゆかぬ作品,近寄り難いテクストと執拗な対話を繰り返し,異質なものの間ま響き合いに耳を澄ます。