叢書・ウニベルシタス<br> アーリア神話―ヨーロッパにおける人種主義と民族主義の源泉 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
アーリア神話―ヨーロッパにおける人種主義と民族主義の源泉 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月20日 10時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 512,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099977
  • NDC分類 316.83
  • Cコード C1310

目次

第1部 古い起源神話(スペイン―ゴート神話;フランス―二つの人種の争い;イギリス―セムの血統とノルマンのくびき;イタリア―アエネアスの子孫;ドイツ―言語と人種;ロシア―ユーラシアの人種のるつぼ)
第2部 アーリアの起源神話(プレリュード;啓蒙時代の人類学;新しいアダムを求めて;ゴビノーとその同時代人;アーリアの時代)

著者等紹介

ポリアコフ,レオン[ポリアコフ,レオン] [Poliakov,L´eon]
1910年ペテルスブルグに生まれる。1920年以降フランスに住む。パリ大学で法学を修め、その後ジャーナリズム活動と歴史の研究に携わる。1944年に「現代ユダヤ文献センター」の創設に加わり、国立科学研究所(CNRS)の研究員として多くのゼミナールを組織するなど、学際的な人種主義批判・研究活動のパリにおける中心メンバーの一人となった。パリ大学文学博士。1997年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1959のコールマン

10
☆5。30年前に初版を読んで感銘を受けた、アーリア神話の形成を研究した本。様々な知識人がアーリア神話に絡め取られていた。となると今も知識人は新たなる「神話」を形成し、将来の悲惨な歴史の原型を作っているのではないか?と思ってしまう。2019/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9024293
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。