叢書・ウニベルシタス<br> 他者の言語―デリダの日本講演 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
他者の言語―デリダの日本講演 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 399p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099380
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

目次

バベルの塔
時間を―与える
大学の瞳=被後見人―「根拠律」と大学の理念
哲学を教えること―教師、芸術家、国家―カントとシェリングから
私の立場―デリダは答える
他者の言語

著者等紹介

デリダ,ジャック[デリダ,ジャック][Derrida,Jacques]
1930‐2004年。アルジェリア生まれのユダヤ系哲学者。パリの高等師範学校で哲学を専攻。同校の哲学教授を経て、社会科学高等研究院教授を務める。西洋形而上学におけるロゴス中心主義の脱構築を提唱し、構造主義以降の人文社会科学の広範な領域-文学・芸術理論、言語論、政治・法哲学、歴史学、建築論ほか-に多大な影響をもたらした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トックン

0
超過Exces=他者autreを巡る対話。デリダは、なぜ人は言い過ぎ又は言わな過ぎてしまうのか?というフロイト的問題系をハイデガー的に思索denkenする。社会契約の根本に再現前化し得ない自己忘却的な「贈与」(非モース&ルソー的)を据える。80年代に彼は米国で隆盛した否定的言辞を弄ぶ「脱構築」から「散種」へと戦略を変更する。散種とは父を不要とする私生児を産み出すための作戦。固有名重視≒父性温情主義的契約(J・ロック)を忘却し、他者の存在によって初めて成立する偶発性を伴う痕跡traceへの署名に人々を誘う。2018/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3169319

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。