叢書・ウニベルシタス<br> 他者のような自己自身 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
他者のような自己自身 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月03日 17時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 447,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099199
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1310

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

5
最近、一度読んだだけではその本を読んだことにはならないのではと悩み続けている。とはいってもこの本も付箋だらけにして読んだ。章ごとにテーマが分かれていて、非常にわかりやすい。日本語訳に際して背景情報が記されるというリクールの気遣いが嬉しい。物語に関しては実に刺激的で興味深い。倫理道徳はついていくのに必死で、内容を捉えられていたのか疑問だ。ともかく自分に関して言えば、一度読んだだけでは、何がどこに書かれているか、ということ以外、自分が知っている情報を単に読み取っているだけなのではないかと思う。再読必須。2021/06/29

singoito2

2
あえて一言で言うと、責任主体としての自己を他者との関係の中で、どう位置づけるか、という本だけど、それだけでは済まないところがリクール。非常に間口が広い。受苦が自己を規定するという文脈で日本の哲学者、久重忠夫に言及しているので、読んでみようと思います。2021/10/18

コマイヌ

0
アイデンティティには自己性と同一性が含まれる、自己の身体、他人、良心(受動性の経験) 自己同一性の自己性と同一性の区別は良い、自己性と同一性を繋ぐのに倫理を持ち出す必要があってはほしくないな…2016/12/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2317097

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。