韓国の学術と文化<br> 韓国政治のダイナミズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

韓国の学術と文化
韓国政治のダイナミズム

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 460,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588080173
  • NDC分類 312.21
  • Cコード C3331

内容説明

朝鮮戦争以来北の強固な軍事体制に直接対峙しつつ、駐留アメリカ軍の影響下、李承晩、朴正煕、全斗煥らによって繰り返し出現した軍事独裁政権の変転を権威主義体制の制度化の失敗の過程として位置づけ、この半世紀間の韓国政治の変動をトータルに捉えなおす。日本語版刊行にあたり「文民政府の民主化改革と水平的政権交代」の一章を加え、金泳三文民政府の樹立から金大中の「国民の政府」成立にまで言及しつつ、民主化へのダイナミックな変化を分析する。伝統的な行動科学主義=構造機能主義的アプローチからマルクス主義の分析視角までを採り入れた幅広い視野から、権威主義体制から民主主義体制への苦難の道を跡づける。

目次

第1部 権威主義政権の登場要因(序論 権威主義政権の起源;韓国の権威主義政権の性格 ほか)
第2部 軍部権威主義政権の支配様式(軍部権威主義政権の台頭―クーデターの発生と展開;軍部権威主義政権の経済開発―変貌する国家‐社会関係 ほか)
第3部 維新政権の起源と終末(維新政権登場に対する二つの説明;維新政権の政治過程と重化学工業化政策 ほか)
第4部 軍事政権から民主政権へ(全斗煥政権の反動性と遅延する民主化;軍部権威主義時代の終息と民主政治の出発 ほか)
結論 韓国における権威主義支配の起源とその制度化の失敗要因

著者等紹介

韓培浩[ハンベホ]
1931年ソウル生まれ。高麗大学名誉教授。プリンストン大学政治学博士。1971年から94年まで高麗大学政治外交学科教授。その間、韓国現代日本研究会会長、韓国政治学会会長、ウッドロー・ウィルソン研究センターフェローを歴任。その後、1999年まで世宗研究所所長

木宮正史[キミヤタダシ]
1960年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科助教授。韓国高麗大学政治学博士。ハーバード大学イエンチン研究所訪問研究員を歴任

磯崎典世[イソザキノリヨ]
1962年生まれ。学習院大学法学部政治学科教授。東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

朝鮮戦争以来半世紀間の韓国政治の激動を広範な分析視角から捉え,軍事独裁体制の変転を権威主義体制の制度化失敗の歴史として位置づけつつ,民主化への過程を辿る。