国際社会人叢書<br> “境界”を生きる思想家たち

個数:
  • ポイントキャンペーン

国際社会人叢書
“境界”を生きる思想家たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 07時19分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784588053122
  • NDC分類 280

内容説明

世界に対するまなざしを研ぎ澄ませた9人の思想家が描く鮮やかな軌跡!

目次

第1章 E.H.カー(1892‐1982)―「自己意識」の歴史学
第2章 ハンナ・アーレント(1906‐1975)―20世紀の暴力を「思考」した女
第3章 オクタビオ・パス(1914‐1998)―異文化との対話者
第4章 ジャン・ルーシュ(1917‐2004)―関係の生成を撮る映像人類学者
第5章 エドゥアール・グリッサン(1928‐2011)―“関係”の詩学から全‐世界へ
第6章 山口昌男(1931‐2013)―“知”的なピーターパンのために
第7章 アマルティア・セン(1933‐)―自由と正義のアイデア
第8章 寺山修司(1935‐1983)―ポエジイによって越境した“詩人”
第9章 ベネディクト・アンダーソン(1936‐2015)―地域研究から世界へ

著者紹介

栩木玲子[トチギレイコ]
法政大学国際文化学部教授。1960年生。アメリカ文学・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)