りぶらりあ選書<br> 倫理学

個数:

りぶらりあ選書
倫理学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 15時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 204p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588023026
  • NDC分類 150
  • Cコード C1312

内容説明

倫理学的推論の基本的な諸原理を明らかにした『倫理学原理』(1903)によって欧米の倫理学界に大反響を呼んだムーアが、さらにその理論を発展させ自己の立場を基礎づけた代表作。「正しい行為」とは何か。あらゆる可能的行為のなかでもっとも多くの“善”を存在せしめる行為、つまり、「目的としての善」ではなく「手段としての善」を実現できる行為として説き、通常の功利主義の根拠を批判的に検討し独自の理想主義的功利主義を確立することによって、日常生活に一つの生き方を示した古典。

目次

功利主義
道徳的判断の客観性
正・不正の吟味の結論
自由意志
内在的価値

著者等紹介

ムーア,ジョージ・エドワード[ムーア,ジョージエドワード][Moore,George Edward]
1873‐1958。イギリスの哲学者、倫理学者。ロンドン郊外のアパー・ノーウッドに生まれる。ケンブリッジ大学に学び、後に同大学講師、同大学教授(1925‐38)。また、「マインド」誌の編集に携わり(1921‐47)、1903年同誌に「観念論の論駁」を発表、ブラッドリーらのヘーゲル主義を批判していわゆる新実在論の嚆矢となる。さらに同年に『倫理学原理』を出版し20世紀の倫理学界に極めて大きな反響を呼び、1912年の『倫理学』では、功利主義の根拠を批判的に検討して理想主義的功利主義を確立した

深谷昭三[フカタニショウゾウ]
1928年広島県に生まれる。1952年京都大文学部哲学科卒業、1960年同大学大学院修了。1968‐69年ハイデルベルク大学留学。甲南大学文学部教授。1996年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てぃんくるかけそば

0
主張そのものよりも、問の分析、論じ方の方が興味深い。しかしながら和訳が少々分かりづらいので予備知識がないと苦戦するかもしれません。2012/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4319999
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。