りぶらりあ選書<br> 肉体の文化史―体構造と宿命 (新装版)

個数:

りぶらりあ選書
肉体の文化史―体構造と宿命 (新装版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 371p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588021831
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C0322

内容説明

ヴィクトリア時代前期における信じがたいまでに厳格な性道徳の実態を説き、その徐々に崩壊して行く過程をたどる「肉体解放」の文化史。ファッションと芸術の変遷、精神=肉体関係の認識や性の科学的研究の発達を論じ、フロイトの貢献、ロレンスやミラーの文学、ナチの体育運動、サルトルの肉体哲学におよぶ。

目次

ヴィクトリア時代の性道徳
服装が人体に加えた迫害
芸術に現れた人体
伝染病と人間関係
嗅覚の本体論と香りのハーモニー
性の疎外と性の淘汰
唯物論と精神=肉体の問題
電気を帯びた肉体
純潔な女性と卓越した男性
ヴィクトリア朝時代の家族の生理学〔ほか〕

出版社内容情報

ヴィクトリア朝前期における性道徳の実態を説き,その崩壊する過程を辿る肉体解放の歴史。フロイトの貢献,ロレンスやミラーの文学,サルトルの肉体哲学におよぶ。