りぶらりあ選書<br> 空間の文化史―時間と空間の文化:1880‐1918年〈下巻〉

個数:

りぶらりあ選書
空間の文化史―時間と空間の文化:1880‐1918年〈下巻〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月22日 15時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 325,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588021398
  • NDC分類 209.6
  • Cコード C1322

内容説明

上巻『時間の文化史』につづいて、本巻では「形状」「距離」「方向」の位相を軸に、哲学や科学・芸術における伝統的形状の破壊、私的空間の公的空間による侵害、世界の狭小化による国際主義の機運と植民地主義の膨張、上下軸の方向感覚の誕生などが取り上げられる。さらに、上下巻を通じて論じられてきた時間・空間認識の変容が収斂したものとして第一次世界大戦を位置づけ、開戦にいたる経緯と戦闘形態の新しさを明らかにする。あらゆる文化現象を時間・空間の機能としてとらえる壮大な試み。

目次

第1章 空間の性質
第2章 形状
第3章 距離
第4章 方向
第5章 七月危機の時間性
第6章 キュビズムの戦争
結論

著者等紹介

カーン,スティーヴン[カーン,スティーヴン][Kern,Stephen]
1943年、ロスアンジェルスに生まれる。1964年、バークレイのカリフォルニア大学で歴史学の学士号を取得。1966年から70年にかけてコーネル医科大学の精神医学史研究班に所属、学位論文「フロイト幼児心理学の出現―1880‐1910」を執筆。1970年、コロンビア大学で歴史学の博士号を得る。同大学の歴史学指導教官を経て、現在、ノーザン・イリノイ大学で歴史学の助教授を務める

浅野敏夫[アサノトシオ]
1947年に生まれる。茨城大学文理学部英文学科卒業。現在茨城キリスト教大学短期大学部教授。現代アメリカ文学専攻

久郷丈夫[クゴウタケオ]
1956年に生まれる。明治学院大学大学院博士課程前期課程文学研究科修了。元・シオン短期大学助教授。英語学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

非ユークリッド幾何学の展開から生物学,社会学,美術,文学における空間認識の変貌,さらには遠近法主義の哲学までを論じ,伝統的空間への攻撃の歴史を跡づける。