叢書・ウニベルシタス<br> 抹消された快楽―クリトリスと思考

個数:

叢書・ウニベルシタス
抹消された快楽―クリトリスと思考

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月07日 16時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 180p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011337
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C1310

出版社内容情報

生殖器官たるヴァギナに対し、快楽の器官として長らくその存在を隠蔽されてきたクリトリスは、これまで女性に向けられてきたあらゆる種類の暴力──性器切除、レイプ、フェミサイド、ハラスメントを記憶している。デリダらによる男性中心主義批判の彼方で、哲学はクリトリスの快楽を肯定できるのか。権力と支配に抵抗するアナーキーとしてクリトリスを論じ、ラディカル・フェミニズムの思考を刷新する。

内容説明

生殖器官たるヴァギナに対し、快楽の器官として長らくその存在を隠蔽されてきたクリトリスは、これまで女性に向けられてきたあらゆる種類の暴力を記憶している。権力と支配に抵抗するアナーキーとしてクリトリスを論じ、ラディカル・フェミニズムの思考を刷新する試み。

目次

さまざまな抹消
女神のようなもの(ニンフ1)
性のないイメージ―ボッカッチョ、ヴァールブルク、アガンベン(ニンフ2)
存在のないナジャ、「愛の対象たる女」に関する短評(ニンフ3)
政治的解剖学
シモーヌ・ド・ボーヴォワールによる「性的実存」
ドルト、ラカンと「関係」
「女性器とはクリトリスである」、カルラ・ロンツィと差異のフェミニズム
リュス・イリガライ「女は閉じても開いてもいない」
「罪なき女性器に対する愛情と敬意とともに」
切除と修復―適切な語とは?
技術的に改造された身体―ポール・B・プレシアドとトランスフェミニズム
「我が外陰部、我が大いなる外陰部」(ニンフ4 ニンフォマニアック)
現実の脱自帯
クリトリス、アナーキー、女性的なもの

著者等紹介

マラブー,カトリーヌ[マラブー,カトリーヌ] [Malabou,Catherine]
1959年、アルジェリア生まれ。イギリス・キングストン大学教授。ドイツ・フランス近現代哲学

西山雄二[ニシヤマユウジ]
1971年生まれ。東京都立大学教授。現代フランス思想

横田祐美子[ヨコタユミコ]
1987年生まれ。立命館大学衣笠総合研究機構助教。現代フランス哲学、フェミニズム(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおにし

18
最後まで読んだが、男性である私には理解できないところが多くコメントは難しい。代わりに印象に残った部分を引用しておく。『哲学は私自身の女性性に疑いの目を向けることを教えてくれた。この疑いによって、私は自分のジェンダーを複数化できるようになり、すなわち、自分の女性性に対する新たな疑いをもてるようになった。すでに私のクリトリスはセックスとジェンダー、つまり解剖学的および社会的な二重の実存を持っていたが、哲学はトランスジェンダー的なクリトリスの政治学的実存をさらに付け加えてくれたのである。』(p.147)2021/11/15

ルンブマ

2
男性が衣服(空気)を纏うことの不可能性は、いわゆる骨格に起因するのではなく、身体の様々な部分と欲望のあいだには厳密な一致があるという男性的な枠組みに因る。対して、複数の部分は集まることができず、間隔を開けたままの状態が持続するが故に、能動/受動と言った二項対立の彼方へと快楽がもたらされるという女性的な枠組みは、身体のあらゆる部分を互いの隔たり(空気)において享楽させ、この隔たりを享楽させてもいる。すなわち、身体と欲望の二元性のなかに、何らかの不均衡や異質性、上述の「隔たり=空気」が導入されているのである。2021/12/16

kavocha

1
哲学が「アセクシャリティ」を標榜していながら、暗黙裡に男性の価値感を前提としているというような描写が印象に残っている。彼女の視点から哲学のフィールドを見ると、それは非常に冷酷で孤独な戦場であるのかもしれないと思った。もう少し人生経験を積んだら、これをもう一度開き、もっと考えたい。2022/04/12

元気!

1
従来の哲学における女性の快楽の排除や割礼における女性器切除(この呼称自体も問題にされているが)についてクリトリスを中心に論じていて面白い。ラカン、フロイトあたりの議論はまだすこし難しかった。2022/02/07

Go Extreme

1
さまざまな抹消 女神のようなもの 性のないイメージ 存在のないナジャ、「愛の対象たる女」に関する短評 政治的解剖学 シモーヌ・ド・ボーヴォワールによる「性的実存」 ドルト、ラカンと「関係」 「女性器とはクリトリスである」、カルラ・ロンツィと差異のフェミニズム リュス・イリガライ「女は閉じても開いてもいない」 「罪なき女性器に対する愛情と敬意とともに」 切除と修復─適切な語とは? 技術的に改造された身体 「我が外陰部、我が大いなる外陰部」 現実の脱自帯 クリトリス、アナーキー、女性的なもの2021/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18350749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。