叢書・ウニベルシタス<br> 帝国の島々―漂着者、食人種、征服幻想

個数:

叢書・ウニベルシタス
帝国の島々―漂着者、食人種、征服幻想

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月21日 18時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 454p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011184
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C1390

出版社内容情報

『テンペスト』から『ロビンソン・クルーソー』『ガリヴァー旅行記』、そしてメルヴィル、ヴェルヌ、H.G.ウェルズらの諸作品を経て現代文学・映画・テレビシリーズへ。見知らぬ島に漂着した遭難者たちの冒険を描き、世界中で人気を博したこれら「島の物語」がいかにして帝国主義イデオロギーの拡大を支え、白人男性による暴力と植民地支配、新自由主義的搾取を正当化してきたかを論じる。

内容説明

『テンペスト』『ロビンソン・クルーソー』から現代小説・映画・政治的言説へ。われわれを魅了してやまない漂着物語に潜む植民地主義的かつ帝国主義的な島のトポスを剔出する。

目次

序章 島々と所有の物語
第1章 睥睨するすべてのものの君主
第2章 規律の島―白人の父権、ホモソーシャルな男性性、そして掟
第3章 飢えた食人種、貪欲な海賊、逆‐体内取り込みの恐怖
第4章 野生の最低段階へと落ちて―野人、怪物、獣性という汚れ
第5章 島の物語のパロディとクルーソー茶番劇―内部からの抵抗
第6章 アメリカ合州国という島の幻想―ギリガンとともに漂着して

著者等紹介

ウィーバー=ハイタワー,レベッカ[ウィーバーハイタワー,レベッカ] [Weaver‐Hightower,Rebecca]
1968年、アメリカ合州国生まれ。1991年にクレムソン大学で英文学学士号、1993年にウィンスロップ大学で英文学修士号を取得、2002年に本書の元となる博士論文をケンタッキー大学に提出。2004年より北ダコタ州立大学英文科で教鞭を執り、現在、同大学教授・英文科長

本橋哲也[モトハシテツヤ]
1955年、東京生まれ。東京大学文学部英文科卒業後、ヨーク大学で博士号取得。現在、東京経済大学コミュニケーション学部教授。専門はイギリス文学、カルチュラル・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

21
『ロビンソン・クルーソー』等、島に漂着した主人公を描く文学作品の多くが、ヨーロッパの帝国主義文化の道具として機能するさまを分析。西洋の植民地支配や帝国主義的な暴力、ヨーロッパ中心主義的な世界支配を多くの「遭難物語」が支えてきた面が窺える。征服と所有と支配の欲望に伴う不安と罪責感を、いかに管理し緩和するかのメカニズムについても分析されている。精神分析理論を用いてるところも本書の特徴。◇帝国主義の内的理論をきめ細かく理解することが、グローバル社会の現代においても重要なのであろう。2021/05/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15769269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。