ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

  • 提携先に10冊在庫がございます。(2022年08月11日 16時44分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784140816585
  • NDC分類 335
  • Cコード C0098

内容説明

新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるか。スタンフォード大学起業講義録。

目次

僕たちは未来を創ることができるか
一九九九年のお祭り騒ぎ
幸福な企業はみなそれぞれに違う
イデオロギーとしての競争
終盤を制する
人生は宝クジじゃない
カネの流れを追え
隠れた真実
ティールの法則
マフィアの力学
それを作れば、みんなやってくる?
人間と機械
エネルギー2.0
創業者のパラドックス
停滞かシンギュラリティか

著者等紹介

ティール,ピーター[ティール,ピーター] [Thiel,Peter]
シリコンバレーで現在もっとも注目される起業家、投資家のひとり。1998年にPayPalを共同創業して会長兼CEOに就任し、2002年に15億ドルでeBayに売却。情報解析サービスのパランティアを共同創業したほか、ヘッジファンドのクラリアム・キャピタル・マネジメントと、ベンチャーファンドのファウンダース・ファンドを設立。Facebook初の外部投資家となったほか、航空宇宙、人工知能、先進コンピュータ、エネルギー、健康、インターネットといった分野で革新的なテクノロジーを持つスタートアップに投資している

マスターズ,ブレイク[マスターズ,ブレイク] [Masters,Blake]
法律調査と分析のためのツールを作成するテック系スタートアップJudicataの共同創業者

関美和[セキミワ]
翻訳家。慶應義塾大学文学部卒業。電通、スミス・バーニー勤務の後、ハーバード・ビジネススクールでMBA取得。モルガン・スタンレー投資銀行を経てクレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

187
「賛成する人のほとんどいない、大切な真実とは?」を読了した今もずっと考え続けています。本書が当方の大切な何かを刺激していることは間違いなさそうなのですが・・・・・先ずはもう一回読んで整理してみようと思います。2017/01/04

KAZOO

149
スタンフォード大学での起業論の講義をまとめたもののようです。様々なアメリカにおける創業者たちの成功例をうまく説明してくれています。やはり実例が多いので説得力があります。特に最後の「創業者たちのパラドックス」が非常に興味深いものでした。2016/09/11

ひろき@巨人の肩

124
未来を変えるための哲学書。未来が特別なのは「まだ訪れていない」からではなく「世界が今と違う姿になっている」から。未来を作るツールがビジネス。ビジネスに同じ瞬間は二度とない。未来を作るには「賛成する人のほどんどいない、隠された真実」を探す。自然が語らない真実は何か?人が語らない真実は何か?実際に、資本主義の原動力は、完全競争市場ではなくクリエイティブな独占企業。起業の瞬間は本当に一度だけ。すべての始まりである発明に対してオープンな姿勢を永続的に貫くルールを作る。2021/12/11

Kawai Hideki

124
ペイパル創業者で、FaceBookの最初の外部投資家であり、LinkedIn、Yammer、Yelp、Quora、スペースXなどにも投資している「ペイパル・マフィア」のドン、ピーター・ティール氏による、起業のべき/べからず集。リーンスタートアップの無計画性と漸進性を一刀両断にし、「賛成する人がほとんどいない大切な真実」を証明するため、計画を立て、既存の10倍以上効率が良い方法を考えよ、と説く。筆者の信念を言語化しているので、やや観念的だったり、後付け的な説明が多いように感じた。2015/03/10

Miyoshi Hirotaka

117
仮に、シリコンバレーの聖地パルアルトにイギリス料理店を開くとする。近郊も含めて他のレストランがないなら独占できる。但し、イギリス料理だけが好きな人ばかりでない限り独占は成立しない。さらに、他店の成功例をコピーしてどんなに改善や差別化をしたところで競合は激化するだけだ。真の独占企業とは、自分たちの市場をいくつかの異なる大きな市場の総和と位置づけ、独占であることをカモフラージュする。このためには、継続的な創造、つまり、「賛成する人がほとんどいない大切な真実」に目を向け、ゼロから一を生み出す努力が必要なのだ。2017/11/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8292003

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。