叢書・ウニベルシタス<br> 中世ヨーロッパの文化

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
中世ヨーロッパの文化

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2020年05月28日 17時44分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 612p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011122
  • NDC分類 230.4
  • Cコード C1322

内容説明

5世紀から16世紀まで、一千年を超える中世ヨーロッパの文化と社会の概念史。時間、空間をはじめ、身体、集団、男女関係、生産と分配、戦争、思考、情報伝達、秩序等にわたって中世の人々が抱いた概念の変容を詳細に跡づける。

目次

第1部 概論(時間の経験;空間の概念;身体‐行動の様式;集団;男と女)
第2部 行為(生産と分配;戦争;思考)
第3部 情報伝達(特定の時点での情報伝達;時間を横断する情報伝達;空間を横断する情報伝達)
第4部 秩序のイメージ(老人と若者;支配と代表)
特定の変化とさまざまな変化

著者等紹介

クラインシュミット,ハラルド[クラインシュミット,ハラルド] [Kleinschmidt,Harald]
1949年に生まれる。ゲッチンゲン大学と大学院で歴史を学び、哲学博士号(Ph.D.)を取得したのち、シュトゥットガルト大学と筑波大学の助教授を経て、同大学院人文社会科学研究科教授となった。同研究科の国際政治経済学専攻長などを歴任し、現在、筑波大学名誉教授。専門分野は中世から近世にかけてのヨーロッパの文化と社会の概念史である

藤原保明[フジワラヤスアキ]
1946年三重県伊賀市に生まれる。東京教育大学大学院修士課程修了。筑波大学大学院教授、聖徳大学文学部教授を経て、筑波大学名誉教授・聖徳大学名誉教授。文学博士。専攻:英語史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

5世紀から16世紀まで、一千年を超える中世ヨーロッパの文化と社会の概念史。時間、空間を皮切りに、身体、集団、男女関係、生産と分配、戦争、思考、情報伝達、秩序等の多岐にわたって、中世の人々が抱いた概念はいかなるもので、それはどのように変容していったのか、先行研究を踏まえ、批判的に検討しつつ分析した「中世を理解する」ための大著。豊富な図版を収録し、詳細な原注・参考文献・索引を付す