叢書・ウニベルシタス<br> アメリカのニーチェ―ある偶像をめぐる物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
アメリカのニーチェ―ある偶像をめぐる物語

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 660p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011023
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1310

内容説明

神の死を宣告し、超人の到来を説いて狂気に倒れたドイツの哲学者は、じつは最もアメリカ的な思想家エマソンの熱心な愛読者だった。ニーチェの反基礎づけ主義の哲学が、ナチズムへの影響という問題を超えて、20世紀米国の文化やキリスト教、リベラリズムやプラグマティズム哲学全般に及ぼした大きなインパクトを跡づけた労作。ニーチェ翻訳・受容の歴史から、アメリカという国の姿が見えてくる。

目次

プロローグ 大西洋の横断―自生の知性、海外へ
第1章 「アメリカのニーチェ」の形成
第2章 近代における人間の魂
第3章 超人のアメリカ式馴化
第4章 教育者としてのニーチェ
幕間 ニーチェを奉る人々
第5章 ディオニュソス的啓蒙思想
第6章 アメリカの土壌で生まれた反基礎づけ主義
エピローグ ニーチェとは我々のこと

著者等紹介

ラトナー=ローゼンハーゲン,ジェニファー[ラトナーローゼンハーゲン,ジェニファー] [Ratner‐Rosenhagen,Jennifer]
ウィスコンシン大学マディソン校の歴史学教授。専門はアメリカ精神史

岸正樹[キシマサキ]
1955年生まれ。アテネフランセ、日仏学院にて学ぶ。英米仏の批評理論、翻訳理論を研究。現在、翻訳家、河合塾講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

神の死を宣告し、超人の到来を説いて狂気に倒れたドイツの哲学者は、じつは最もアメリカ的な思想家エマソンの熱心な愛読者だった。ニーチェの反基礎づけ主義の哲学が、ナチズムへの影響という問題を超えて、20世紀米国の文化やキリスト教、リベラリズムやプラグマティズム哲学全般に及ぼした大きなインパクトを跡づけた労作。ニーチェ翻訳・受容の歴史から、アメリカという国の姿が見えてくる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件