評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ―フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母

個数:

評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ―フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2017年03月25日 08時54分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 290,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130101318
  • NDC分類 950.28

内容説明

革命勃発時のパリに生き、スタール男爵の妻となったジェルメーヌ―彼女は並々ならぬ情熱で革命に参画し、卓越した政治論を残した。独裁に抗いながら個人の自由を求めつづけたスタール夫人の知的営みとその生涯を、著作の綿密な分析を通して跡づける「知性の評伝」。「近代ヨーロッパ」を問い直す、比類なき挑戦の書。

目次

第1章 生い立ち―ルイ十六世の大臣ネッケルの娘―一七六六~八九年(母の秘蔵っ子;啓蒙の世紀と女たちのサロン ほか)
第2章 革命とサロンのユートピア―一七八九~九五年(王権の失墜;スタール夫人のサロン(第一期) ほか)
第3章 政治の季節―一七九五~一八〇〇年(選択としての共和主義―『国内平和についての省察』(一七九五年執筆、死後出版一八二〇年)『情念論』(一七九六年)
総裁政府とスタール夫人のサロン(第二期) ほか)
第4章 文学と自由主義―一八〇〇~一〇年(革命の終結と独裁者ボナパルト;『文学論』(一八〇〇年)―「新旧論争」から「南と北の文明論」へ ほか)
第5章 反ナポレオンと諸国民のヨーロッパ―一八一〇~一七年(宗教と哲学とロマン主義―到達点としての「精神の昂揚」;亡命者としてヨーロッパを見る―『追放十年』(死後出版一八二〇年) ほか)

著者紹介

工藤庸子[クドウヨウコ]
1944年浦和生まれ。1969年東京大学文学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科教授(地域文化研究)、放送大学教授をへて現在、東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

独裁に抗い、個人の自由を希求した知的営みと激動の生涯を、著作の綿密な分析を通して跡づける「知性の評伝」。革命勃発時のパリに生き,スタール男爵の妻となったジェルメーヌ――彼女は並々ならぬ情熱で革命に参画し,卓越した政治論を残した.独裁に抗いながら個人の自由を求めつづけたスタール夫人の知的営みとその生涯を,著作の綿密な分析を通して跡づける「知性の評伝」.「近代ヨーロッパ」を問い直す,比類なき挑戦の書.

はじめに

第1章 生い立ち――ルイ16世の大臣ネッケルの娘(1766~89年)

第2章 革命とサロンのユートピア(1789~95年)

第3章 政治の季節(1795~1800年)

第4章 文学と自由主義(1800~10年)

第5章 反ナポレオンと諸国民のヨーロッパ(1810~17年)<br>

あとがき



年譜

図版出典一覧

人名索引



Madame de Stael et la modernite en Europe

Yoko KUDO

工藤 庸子[クドウ ヨウコ]
工藤 庸子
工藤庸子:東京大学名誉教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件