叢書・ウニベルシタス<br> ハイデガー『存在と時間』を読む

個数:

叢書・ウニベルシタス
ハイデガー『存在と時間』を読む

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 21時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010590
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1310

出版社内容情報

『哲学者たちの死に方』のクリッチリー、重大な影響を残して早逝したシュールマンによる、来たるべき読解の基礎となる珠玉の講義録!『哲学者たちの死に方』のサイモン・クリッチリー。そして、ハンナ・アーレントに見出され、ハイデガー研究に重大な影響を残しつつ早逝したライナー・シュールマン。アメリカのニュースクール・フォー・リサーチで教鞭をとった二人による珠玉の講義がここに再現される。20世紀を代表する哲学書でありながら、難解をもって知られる書物の最重要論点をコンパクトに提示し、来たるべき読解の基礎を築く待望の一冊!

サイモン・クリッチリー[クリッチリー サイモン]

ライナー・シュールマン[シュールマン ライナー]

スティーヴン・レヴィン[レヴィン スティーヴン]

串田 純一[クシタ ジュンイチ]

内容説明

世界最高の講義へ、ようこそ!『哲学者たちの死に方』のサイモン・クリッチリー、ハイデガー研究史に大きなインパクトをもたらしながら早逝したライナー・シュールマンによる珠玉の講義録。

目次

第1部 初心者のためのハイデガー(ハイデガーの二重の身振り;志向性;カテゴリー的直観 ほか)
第2部 ハイデガーの『存在と時間』(導入―『存在と時間』を位置づける;反復にとって範例的な存在者としての現存在;存在の理解の一般的な構造 ほか)
第3部 根源的な非本来性―ハイデガーの『存在と時間』について(『存在と時間』の根本経験を理解するための手がかり;謎めいたアプリオリ;謎めいたアプリオリは『存在と時間』の根本経験をいかに変えるか ほか)

著者等紹介

クリッチリー,サイモン[クリッチリー,サイモン] [Critchley,Simon]
1960年生まれ。エセックス大学(Ph.D.)。ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ哲学科教授。専門は哲学

シュールマン,ライナー[シュールマン,ライナー] [Sch¨urmann,Reiner]
1941‐1993年。ソルボンヌ大学博士。ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ哲学科教授を務めた。専門は哲学

レヴィン,スティーヴン[レヴィン,スティーヴン] [Levine,Steven]
ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ(Ph.D.)。ボストン・マサチューセッツ大学教養学部准教授。専門は哲学

串田純一[クシタジュンイチ]
1978年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得退学。博士(学術)。早稲田大学、東京工業大学、東洋大学非常勤講師。専門は哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

34

18
二人の解釈はずいぶんちがっている。シュールマンの方は『存在と時間』の主要なカテゴリーを後期の論点も踏まえながら整理し、クリッチリーの方は『存在と時間』以前の講義を参照しながら、「現象学」としての存在論という側面を強調している。いずれもまっとうな解釈だが、クリッチリーによる、現在の大陸哲学と分析哲学の分断に対する診断に好感をもった。大陸哲学の「蒙昧主義」と分析哲学の「科学主義」に対して―とくに両者の極端なバージョンに対して―ハイデガーの現象学は批判的に有効な視点を与えてくれるものとして位置づけられる。2017/10/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11920955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。