叢書・ウニベルシタス<br> 無神論の歴史―始原から今日にいたるヨーロッパ世界の信仰を持たざる人々

個数:

叢書・ウニベルシタス
無神論の歴史―始原から今日にいたるヨーロッパ世界の信仰を持たざる人々

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月20日 05時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 1154/高さ 19cm
  • 商品コード 9784588010132
  • NDC分類 161.2
  • Cコード C1314

内容説明

人間に「神」は必要か?キリスト教信仰とともに歩んできた2000年の西洋文明史はまた、神を否定し、宗教を拒絶する者たちによる思想闘争の歴史でもあった。古代・中世の異端説から、啓蒙の懐疑論や理神論をへて現代の唯物論に至るまで、既成秩序への抵抗と世俗化の根拠となった無神論哲学の多様な系譜を一望のもとに描く。現代フランスの最も多産な歴史家による、壮大な通史の試み。

目次

第1部 古代と中世における無神論
第2部 ルネサンス期の破壊的無神論
第3部 ひとつの精神の危機からもうひとつの精神の危機へ(一六〇〇‐一七三〇年)
第4部 不信仰の十八世紀
第5部 神の死の世紀(十九世紀)
第6部 確かさの終焉(二十世紀)

著者等紹介

ミノワ,ジョルジュ[ミノワ,ジョルジュ] [Minois,Georges]
1946年、パリ南方エソンヌ県アティ=モン市生まれ。パリ第四ソルボンヌ大学、カシャン技術教育高等師範学校を卒業、歴史学の高等教育教授資格ならびに博士号、文学国家博士資格を取得。1971年からブルターニュ地方サン=ブリユーのリセの歴史学教授を務める(2007年まで)。ブルターニュ文化学士院会員。「歴史の商売人」と呼ばれるほど多産多様な歴史書の執筆で知られるが、その基軸にあるのは「教会」をめぐる心性史であり、膨大な一次資料、研究文献を読み解き主題をまとめあげる手腕には定評がある

石川光一[イシカワコウイチ]
1948年東京生まれ。早稲田大学大学院哲学修士課程修了。フランス政府給費留学生、モンペリエ第3大学博士課程修了。元日本大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

9
まだ上を読了しただけなのだが、分売不可の本なので(図書館では分けてた)まとめて登録。無神論というのは、単なるキリスト教信仰の否定でも、放蕩者の別名でもない。また、愚かな民衆は素朴な宗教を信じ続けたが、学者たちは…という図式も単純化し過ぎている。無神論とは、権威への反抗に始まり、人間自らを存在目的とする不可能なまでに困難な営みの歴史だった。上では、古代から始まり、1730年までの状況を年代記的にみていく。データの羅列に近い箇所はつまらないが、全般に刺激的な読書。2015/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8142999
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。