叢書・ウニベルシタス<br> 世界リスク社会

個数:

叢書・ウニベルシタス
世界リスク社会

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 293,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010040
  • NDC分類 361
  • Cコード C1336

内容説明

原発事故、環境汚染、経済破綻…われわれはリスクの時代に生きている。かつて二極化と敵対関係で成立していた世界は、いまや一元的に危険でリスクに満ちたものとなる。近代化とグローバル化を経て、いま我々が直面する新たな“リスク”とは何か?

目次

第1章 序―コスモポリタン宣言
第2章 コスモポリタン社会としての世界リスク社会?―不確実性を生みだす枠組みが抱えるエコロジーの問題
第3章 産業社会からリスク社会へ―生存、社会構造、エコロジー的啓蒙の問題
第4章 リスク社会と福祉国家
第5章 サブ・ポリティクス―エコロジーと制度がもつパワーの統一性の喪失
第6章 認識か、無意識か?―「再帰的近代化」をめぐる二つの視点
第7章 リスク社会再論―理論、政治、批判、研究プログラム

著者等紹介

ベック,ウルリッヒ[ベック,ウルリッヒ] [Beck,Ulrich]
1944年生まれ。ミュンヘン大学で社会学、政治学、心理学、哲学を学ぶ。1979年から92年までミュンスター大学、バンベルク大学教授を歴任し、現在はミュンヘン大学社会学部教授およびロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの社会学教授

山本啓[ヤマモトヒラク]
1947年生まれ。中央大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(政治学)。東北大学大学院名誉教授。専攻:政治学、公共政策論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ラウリスタ~

8
訳者もいう通り超悪文。それでいて、面白くもない。1999年に書かれたからか、むやみやたらと世紀末的にリスク!リスク!って言うが、それをこの人が書く必要もよく分からない。BSEや遺伝子組み換え、原子力、アスベストとかについて、国境を越え、世代を越えて、後回しにされるリスクということを書いているようだが・・・。このなんとも言えない胡散臭さは、おそらく89年以降に、核ミサイルが降ってくる恐怖から解放された人々が、それでも敵を求めて、環境破壊という誰もが正義になれる存在を見つけたからだろう。2015/03/10

へんかんへん

2
今読むと重さが違う2016/07/14

Ironyuc

2
今やリスクは世界的な影響力を持ち、しかも人類はリスク予測が不可能な世界に突入している。これは近代の資本主義と民主主義のシステム的帰結であり、サブポリティクスに象徴される新たなシステムを作ることで乗り越えて行くことになる、と言った論。環境破壊やハッキング、テロリズムなど、現代の主要な問題を一挙に捉えうる射程の大きさだ。今更進歩史観を表明する訳ではないが、人間には苦難を乗り越える強さがあると信じたい。誤訳が多いので、辞書を片手に英文を読むのが苦でない人には、原書に当たることをお勧めします。2015/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7850445

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。