叢書・ウニベルシタス<br> 文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
文学的自叙伝―文学者としての我が人生と意見の伝記的素描

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 02時01分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 711,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009945
  • NDC分類 930.2
  • Cコード C1398

内容説明

ワーズワスとともにイギリス・ロマン派を代表する詩人の主著であり、英文学史上における文芸批評の最高峰とも見なされる作品、初の完訳。哲学・美学の古典に通じ、同時代のドイツ観念論の衝撃も受けとめて書かれた1817年刊行の本書は、詩人の長年の思索と創作に培われた批評理論であり、近代の洞察であり、その精神史的遍歴の告白でもある。訳者による詳細な注・解説および年譜付。

目次

第1巻(本書執筆の動機;筆者の最初の詩集に対する反響;学校時代における鑑識眼の涵養;同時代の作家たちが若者の精神に及ぼす影響 ほか)
第2巻(『叙情民謡集』出版のきっかけ、および当初の目的;第二版序文;続いて起こった論争、その原因と激烈さ;詩作品および詩の哲学的定義と注釈 ほか)

著者等紹介

コウルリッジ,サミュエル・テイラー[コウルリッジ,サミュエルテイラー] [Coleridge,Samuel Taylor]
1772‐1834。イギリス・ロマン主義の詩人・思想家・哲学者。20歳代の作品など、幻想的・瞑想的な詩作で知られる。また当時の社会や政治の問題にも関心をもち、執筆・講演を行なった。30歳代以後は哲学と宗教への関心をいっそう深め、古代から同時代にいたる思想家の書物に広く学びながら、独自の思想体系を構築。シェイクスピア論その他の文芸批評に加え、哲学史の連続講演も行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。