叢書・ウニベルシタス<br> 哲学の犯罪計画―ヘーゲル『精神現象学』を読む

個数:

叢書・ウニベルシタス
哲学の犯罪計画―ヘーゲル『精神現象学』を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 349,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009938
  • NDC分類 134.4
  • Cコード C1310

内容説明

哲学することは、いまここにあるものの不穏さに気づくことであり、哲学は、歴史の転機の契機にある不穏さをつねに見出し、その不穏さを自ら組織し、拡大し、遂行する。ヘーゲル哲学を大胆に“変奏”し、その運動をドラマティックに描き出す。前代未聞のヘーゲル論の誕生。

目次

第1場 意識の円環(抽象の裏をかく;現象と現象学 ほか)
第2場 欲望の諸経路(バッカス;彼岸と「いまここ」 ほか)
第3場 「精神は骨ではない」(理性;観念論 ほか)
第4場 社会的創造(精神;契機と形象 ほか)
第5場 芸術宗教と永遠性(大鋼と“歴史”;宗教的プロセス ほか)

著者等紹介

マルタン,ジャン=クレ[マルタン,ジャンクレ] [Martin,Jean‐Clet]
1958年生まれ。通信教育で大学入学資格を取得し、パリ第8大学にて博士号を取得。現在はリセで哲学を教えると同時に、その活動は哲学の枠を超えて、小説を書き、絵画を論じるなど、文学や芸術の分野でも幅広い執筆活動を行っている

信友建志[ノブトモケンジ]
1973年生まれ。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程修了。思想史・精神分析専攻。現在は龍谷大学で非常勤講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろゆき

3
最近読んだ哲学に関する本では、最も震えた。へ-ゲルの精神現象学または小論理学あたりを、とにかくかろうじて読んだことがあると言うかた(←私のような)におすすめではないか。へ-ゲルの主張を別の言葉で置き換えてわかりやすくしているのだが、入門書とも言い難い。すっきりした評論という感じ。言葉のひとつひとつが心に残り、突き刺さり、私にとっては感涙ものの本。2016/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6734120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。