叢書・ウニベルシタス<br> 感性的なもののパルタージュ―美学と政治

個数:

叢書・ウニベルシタス
感性的なもののパルタージュ―美学と政治

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 192p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009310
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C1310

内容説明

今日、「政治」はどこにあるのか。労働、芸術、そして言葉は誰のものなのか。ポストモダンの喪の後で、体制に絡めとられた民衆の間で、分け前なき者たちの分け前はいかに肯定されるのか。政治的主体化と平等をめぐる、現代の最も根源的な問いを、美的=感性論的な「分割=共有」の思考を通じて解放する、ランシエール哲学の核心。日本語版補遺・訳者による充実の著者インタビュー付。

目次

1 感性的なものの分割=共有およびそれが政治と美学=感性論との間に打ち立てる諸関係について
2 芸術の諸体制およびモダニティという観念の意義の乏しさについて
3 機械的諸芸術および無名の者たちの美的=感性論的かつ科学的な昇進について
4 だとすれば、歴史はフィクションであると結論しなければならないのかどうか。フィクションの諸様態について
5 芸術および労働について。いかなる点で、芸術の諸実践は他の諸実践に対して例外であり、またそうではないのか
日本語版補遺 フィクションの擁護のために―ランシエール氏へのインタビュー
解説に代えて―対話の余白に

著者等紹介

ランシエール,ジャック[ランシエール,ジャック][Ranci`ere,Jacques]
1940年、アルジェに生まれる。パリ第8大学哲学科名誉教授。1965年、師のL.アルチュセールによる編著『資本論を読む』に参加するが、やがて決別。1975年から85年まで、J.ボレイユ、A.ファルジュ、G.フレスらとともに、雑誌『論理的叛乱』を牽引。現在に至るまで、労働者の解放や知性の平等を主題に、政治と芸術をめぐる独自の哲学を展開している

梶田裕[カジタユウ]
1978年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科フランス文学専攻博士課程在籍。専門はフランス現代詩および哲学。2004年、リヨン第2大学にてDEA課程修了。07年度より日本学術振興会特別研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mstr_kk

5
要再読。インタビューから読むと、ある程度分かりましたが、細部は飛ばしてしまいました。広義の政治とは、感性によってとらえられるものを分割することである。たとえば、動物の声と人間の言語の間に境界線を引き、線のあちら側が動物、こちら側が人間、というふうに分割すること。また、それぞれの職業や階級の人々に、制度として相応の空間や時間を配分すること。分割されるものは感性にもたらされるものなので、そういう意味で、政治は美学(感性に関わるもの)的である。→コメントへ。2014/12/27

st

1
「フィクション」という言葉の重層的な意味を突っ込むとか、その解釈とか、そうそう!と思うコトが多い。短いテキストながら楽しめる本です。2016/06/16

阿部

0
とても重要なことが書いてあったと思うのだけど、翻訳上の困難か、骨子しか理解できなかった気がする。哲学上のコンテクストを理解していないとわからない部分も多い。 政治やアートをその分割と分け前を本質として捉える視点は、社会の構造を考えるときにかなり強い武器になると思った。反抗が制度を補強するという事態をわたしたちは知っている。そうした構造への撹乱として「ずれ」や「遊戯」を上げている点はルフェーブルを思い出す部分もある。 フィクションの捉え方も参考になる。2020/12/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/389559

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。