叢書・ウニベルシタス<br> 葛藤の時代について―スペイン及びスペイン文学における体面のドラマ

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
葛藤の時代について―スペイン及びスペイン文学における体面のドラマ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 400,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009099
  • NDC分類 960.2
  • Cコード C1398

内容説明

16、17世紀の大衆的なロペ演劇とセルバンテスとを比較対照しつつ帝国の絶頂期=黄金世紀におけるスペイン人の苦悩のありかを探る。

目次

第1章 劇文学における体面のドラマ(名誉と体面;体面と血の純潔;一体的信仰と国民的名誉)
第2章 体面感情が後の歴史に与えた影響
第3章 スペイン系ユダヤ人と体面感情(ユダヤの亡霊とその悪魔祓い;“世論”の攻撃に対する最後の避難場所としての農民)
第4章 対立によって引き起こされた対応と反応(文学的創作における苦悩の克服)
実在性の工房―『ドン・キホーテ』(形式よりもむしろ配置;自伝性)

著者等紹介

カストロ,アメリコ[カストロ,アメリコ][Castro,Am´erico]
1885‐1972。ブラジル、リオ・デ・ジャネイロにてグラナダ出身の両親の間に生まれる。グラナダに戻った後、グラナダ大学哲文科に入学し、そこを卒業してからフランス、ソルボンヌ大学に留学(1905‐1908)。帰国後、メネンデス・ピダルの指導の下、「歴史学研究所」の語彙部門の統括者となる。マドリード中央大学で言語史の授業を担当。さらにアルゼンチン、ブエノス・アイレスにおいて「スペイン言語研究所」を設立し、そのかたわらラテンアメリカ諸国の多くの大学で積極的に講演活動を行う。ベルリン大学で客員教授として教鞭をとった後、共和国政府から、ベルリン大使に任命(1931)。スペインに戻ってから、マドリード大学でフランス文学を講じ、かたわらで教育行政にも携わる。「歴史学研究所」の機関誌『ティエラ・フィルメ』を創刊。ポワチエ大学から名誉教授、ソルボンヌ大学から博士号を授与される。内戦勃発を機に、アルゼンチンに亡命(1936)。翌年からほぼ30年間をアメリカ合衆国に移って、諸大学で教鞭をとる。ウィスコンシン大学(1937‐1939)、テキサス大学(1939‐1940)、プリンストン大学(1940‐1953)を経て退職。1953年にプリンストン大学名誉教授。ヨーロッパ諸国を講演した後、カリフォルニア大学に迎えられる(1964)。晩年(1968年以降)はスペインに居を定め、1972年7月25日、ヘローナにて心臓麻痺にて死去

本田誠二[ホンダセイジ]
1951年東京生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。同大学院修士課程修了。現在、神田外語大学スペイン語学科教授。スペイン文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。