叢書・ウニベルシタス<br> セルバンテスとスペイン生粋主義―スペイン史のなかのドン・キホーテ

個数:

叢書・ウニベルシタス
セルバンテスとスペイン生粋主義―スペイン史のなかのドン・キホーテ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 405,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588008498
  • NDC分類 960.28
  • Cコード C1398

内容説明

スペイン内戦の悲劇を経験した後に生み出された史観をもとに、自らの過去とも決別して、セルバンテスをスペイン的生粋主義の中に定位する。

目次

1 セルバンテスと新たな視点からみた『ドン・キホーテ』(『ドン・キホーテ』の出た一六〇〇年当時の社会的・文学的背景;ハムと豚の脂身の歴史・文学的意味 ほか)
2 スペイン人の過去についての更なる考察(十八世紀に関する若干の明察)
3 フライ・バルトロメ・デ・ラス・カサスまたはカサウス(最後の考察)
4 不安定なスペインとインディアスとの関係
補遺(最終的なデータと考察)

著者等紹介

カストロ,アメリコ[カストロ,アメリコ][Castro,Am´erico]
1885年、ブラジル、リオ・デ・ジャネイロにて生まれる。グラナダ大学哲文科に入学し、そこを卒業してからフランス、ソルボンヌ大学に留学。帰国後、「歴史学研究所」の語彙部門の統括者となる。マドリード中央大学で言語史の授業を担当。さらにアルゼンチン、ブエノス・アイレスにおいて「スペイン言語研究所」を設立し、そのかたわらラテンアメリカ諸国の多くの大学で積極的に講演活動を行う。ベルリン大学で客員教授として教鞭をとった後、共和国政府から、ベルリン大使に任命される。スペインに戻ってから、マドリード大学でフランス文学を講じ、かたわらで教育行政にも携わる。「歴史学研究所」の機関誌『ティエラ・フィルメ』を創刊。ポワチエ大学から名誉教授、ソルボンヌ大学から博士号を授与される。内戦勃発を機に、アルゼンチンに亡命。翌年からほぼ30年間をアメリカ合衆国に移っ職。1953年にプリンストン大学名誉教授。ヨーロッパ諸国を講演した後、カリフォルニア大学に迎えられる。晩年はスペインに居を定め、1972年7月25日、ヘローナにて心臓麻痺にて死去

本田誠二[ホンダセイジ]
1951年東京生まれ。東京外国語大学スペイン語学科卒業。同大学院修士課程修了。神田外語大学スペイン語学科教授。スペイン文学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。