叢書・ウニベルシタス<br> 虚構と想像力―文学の人間学

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
虚構と想像力―文学の人間学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 00時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 543,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007941
  • NDC分類 904
  • Cコード C1390

内容説明

様々なメディアが文明化の過程でその意義を増すなかで文学に残された意味機能を探る。独自の「文学の人間学」の視点から想像力や虚構的なもの等々についての思考の変遷を仙り、文学の虚構性が想像上のものを活性化し、文学作品を可能にするメカニズムを解明する。

目次

1 虚構化する行為
2 文学の虚構性のパラダイムとしてのルネッサンス牧歌文学
3 哲学的言説において主題化された虚構
4 想像上のもの
5 テクスト・ゲーム
6 エピローグ

著者等紹介

イーザー,ヴォルフガング[イーザー,ヴォルフガング][Iser,Wolfgang]
1926年生まれ。ドイツのコンスタンツ大学の英文学・比較文学の教授。カリフォルニア大学でも講座をもつ。ハンス・ローベルト・ヤウスとともに、現象学、プラハ言語サークル、解釈学の影響を受け、読者あるいは読書行為に焦点を当てた受容理論、読者反応批評を展開するコンスタンツ学派を形成。現代ドイツを代表する文学批評理論家

日中鎮朗[ニッチュウシズオ]
法政大学教授。専攻:ドイツ現代文学、比較文学、文学理論

木下直也[キノシタナオヤ]
成城大学教授。専攻:ドイツ近現代の文学・芸術

越谷直也[コシタニナオヤ]
宮崎産業経営大学教授。専攻:ドイツ古典主義の文学・思想

市川伸二[イチカワシンジ]
東京工業大学教授。専攻:ドイツ近現代文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。