叢書・ウニベルシタス<br> シラーの生涯―その生活と日常と創作

個数:

叢書・ウニベルシタス
シラーの生涯―その生活と日常と創作

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月26日 04時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 685,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007910
  • NDC分類 940.28
  • Cコード C1398

内容説明

ゲーテとともにドイツ古典主義文学の頂点を極めたフリードリヒ・シラー。「人生の歓び」を謳えるまでの波瀾に満ちた46歳の生涯を、徹底してひとりの人間の「日常そのもの」に焦点を当てた「生活史」として描き上げる。

目次

1 故郷での歳月(両親と出生の由来;幼年時代 ほか)
2 遍歴時代(マンハイム;ザクセンとテューリンゲンにて)
3 成熟の時代(教授職;婚約と結婚 ほか)
4 人生の頂点(イェーナにて;ヴァイマルにて)

著者等紹介

ラーンシュタイン,ペーター[ラーンシュタイン,ペーター][Lahnstein,Peter]
1913年西ドイツのシュトゥットガルト生まれ。大学で法律を学び、法学博士の学位を取得。1945年からバーデン=ヴェルテンベルク州政府の役人をつとめ、停年退職後は法律家、文化史家、寄稿家として多方面に健筆をふるう。1991年シュトゥットガルトで死去

上西川原章[カミニシカワラアキラ]
1932年生まれ。東京大学大学院修士課程終了。ドイツ18世紀文学専攻、熊本大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ベートーヴェン「第九」合唱曲頌歌の作詞で知られるシラーの波瀾に満ちた46歳の生涯を,一人の人間の「日常そのもの」に焦点を当てた「生活史」として描く。