叢書・ウニベルシタス<br> シェイクスピアとカーニヴァル―バフチン以後

個数:

叢書・ウニベルシタス
シェイクスピアとカーニヴァル―バフチン以後

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 320,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007774
  • NDC分類 932
  • Cコード C1398

出版社内容情報

バフチンの祝祭文化論を応用・展開させ,シェイクスピア劇を新たな観点から読み直す。バフチン思想の根源・方法論批判にも及び,文学研究の理論的方向性を明示。

内容説明

“カーニヴァル”を「ヨーロッパ民衆文化の生命」として位置づけたミハイル・バフチンの理論を応用・展開させ、シェイクスピア劇の世界を新たな観点から読み直す。バフチン思想の根源、バフチンの方法論批判にも及ぶ、研究の批評的・理論的方向性を明示する論集。

目次

第1章 序説
第2章 「短い報告にとどめること」―『ヘンリー六世・第二部』のジャック・ケイド
第3章 『ロミオとジュリエット』におけるカーニヴァルと死
第4章 『夏の夜の夢』とカーニヴァレスク
第5章 シェイクスピアの“カーニヴァルとレントの戦い”―フォールスタッフの場面再考(『ヘンリー四世』二部作)
第6章 ピューリタニズムとの対決―フォールスタッフ、マーティン・マープレリト、そして“グロテスク・ピューリタン”
第7章 フォールスタッフを排泄する―『ウィンザーの陽気な女房たち』
第8章 『ハムレット』におけるカーニヴァレスクと遊びの理論に向けて
第9章 シェイクスピアにおけるカーニヴァルと聖なるもの―『冬物語』と『尺には尺を』
第10章 「浮き袋につかまって泳ぐ」―『ヘンリー八世』における宗教改革の対話原理

著者等紹介

岩崎宗治[イワサキソウジ]
1929年生まれ。ケンブリッジ大学大学院(M.Litt.)、文学博士。名古屋大学名誉教授

加藤洋介[カトウヨウスケ]
1972年生まれ。ノッティンガム大学大学院(M.A.)、南山大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、西南学院大学文学部講師

小西章典[コニシアキノリ]
1972年生まれ。南山大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、大同工業大学講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Z

10
文学理論家はいるが、それを応用する人はあまり聞かない。バフチン理論を踏まえてのシェークスピアに関する論文集ということで読んだが、そこまで面白くはなかった。ただ冒頭、バフチンの思想の過程を要約した文章を読めたのは有益だった。バフチン読まないと2019/06/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/410123
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。