叢書・ウニベルシタス<br> ドイツ政治哲学史―ヘーゲルの死より第一次世界大戦まで

個数:

叢書・ウニベルシタス
ドイツ政治哲学史―ヘーゲルの死より第一次世界大戦まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 250,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006210
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C1310

出版社内容情報

ヘーゲル右派,新カント派,一元論的実証主義の政治哲学を検討し,それらの啓蒙主義的政治思想が世界大戦期の政治的イデオロギーに巻き込まれていく経緯を考察する。

内容説明

ヘーゲル右派、新カント派、一元論的実証主義の政治哲学を検討し、それらの啓蒙主義的政治思想が公共的政治意識からの疎外と政治的現実からの孤立をまねき、世界大戦期の政治的イデオロギーに巻き込まれていく経緯を思想史的に考察する。

目次

序章 政治哲学とイデオロギー
第1章 ヘーゲル右派の政治理論
第2章 新カント派社会主義
第3章 「科学的世界観」による世界改良
第4章 1914年の哲学的理念

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てれまこし

5
政治哲学の対象は永遠の真理ではない。その意義は時代の政治的現実への参与にある。そのような哲学がイデオロギーから一線を画するのは、現実からの適当な距離である。この意味では、現状維持の最悪の形而上学と思われたヘーゲルとその弟子たちこそが現実と理想とのバランスを保っていた。ヘーゲル左派(マルクスも含む)や自然科学者の唯物論は、哲学を歴史に吸収したり、科学を歴史的現実から分断してしまった。ヘーゲルを批判的に継承した新カント派は、学界を越える影響力をもちえなかったが、乖離する哲学と現実との媒介を試みる政治哲学だった2019/03/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/609730

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。