おいしゃさんがこどもだったとき

個数:
  • ポイントキャンペーン

おいしゃさんがこどもだったとき

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784586085668
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

びょういんにいくのが、ちょっぴりこわくなくなる。ちゅうしゃがきらいだった、おいしゃさんのはなし。

著者等紹介

中川ひろたか[ナカガワヒロタカ]
1954年、埼玉県生まれ、シンガーソング絵本ライター。千早子どもの家保育園に保父として5年間勤務。1987年、みんなのバンド“トラや帽子店”を結成。リーダーとして活躍。1995年『さつまのおいも』(童心社)で絵本デビュー。絵本『ないた』(金の星社)で日本絵本大賞受賞。A1あそびうたGP、みんなともだちプロジェクトなどを主宰

丸山誠司[マルヤマサトシ]
1968年、岐阜県生まれ、愛知県育ち、大阪府立大学経済学部、MASA MODE ACADEMY OF ART卒業。主な受賞歴に日仏会館ポスター原画入賞、HBファイルコンペ藤枝リュウジ大賞、東京イラストレーターズソサエティ公募プロ部門銅賞など。TIS会員

吉澤穣治[ヨシザワジョウジ]
1961年、東京都生まれ、東京慈恵会医科大学小児外科診療医長。専門は小児外科・小児泌尿器科。傷跡が目立たない小児内視鏡外科手術・小児ヘルニア手術の名医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

お医者さんや治療への理解を促すストーリー展開。
お話は昭和の近所の診療所。「おいしゃさん」嫌いのこうたろうくんがお母さんに連れられてきます。
でも、今日の診療所は何かが違う。
親子で楽しめて、子どもの「おいしゃさん」への恐怖心を和らげる一冊。

中川 ひろたか[ナカガワヒロタカ]

丸山 誠司[マルヤマサトシ]

吉澤 穣治[ヨシザワジョウジ]
東京慈恵会医科大学 小児外科診療医長