犬からみた人類史

個数:

犬からみた人類史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 07時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 480p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784585230700
  • NDC分類 389
  • Cコード C1039

出版社内容情報

人は最も身近なパートナーである犬と、どのようにして関係を築いてきたのか?進化生物学から、文化人類学、民俗学、考古学、実際の狩猟現場……、過去から未来まで、様々な角度からとらえた犬の目線で語られる、「犬好きの、犬好きのための、犬好きの執筆陣による」全く新しい人類史!!

内容説明

犬をめぐる刺激的な思考実験の旅!人は最も身近なパートナーである犬と、どのようにして関係を築いてきたのか?進化生物学から、文化人類学、民俗学、考古学、実際の狩猟現場…、過去から未来まで、様々な角度からとらえた犬の目線から語られる、「犬好きの、犬好きのための、犬好きの執筆陣による」全く新しい人類史!!

目次

犬革命宣言―犬から人類史をみる
第1部 犬革命(イヌはなぜ吠えるか―牧畜とイヌ;犬を使用する狩猟法(犬猟)の人類史
動物考古学からみた縄文時代のイヌ
犬の性格を遺伝子からみる
イヌとヒトをつなぐ眼
犬祖神話と動物観)
第2部 犬と人の社会史(カメルーンのバカ・ピグミーにおける犬をめぐる社会関係とトレーニング;猟犬の死をめぐる考察―宮崎県椎葉村における猟師と猟犬の接触領域に着目して;御猟場と見切り猟―猟法と犬利用の歴史的変遷;「聞く犬」の誕生―内陸アラスカにおける人と犬の百年;樺太アイヌのヌソ(犬ぞり)
忠犬ハチ公と軍犬
紀州犬における犬種の「合成」と衰退―日本犬とはなんだったのか
狩猟者から見た日本の狩猟犬事情)
第3部 犬と人の未来学(境界で吠える犬たち―人類学と小説のあいだで;葬られた犬―その心意と歴史的変遷;犬を「パートナー」とすること―ドイツにおける動物性愛者のセクシュアリティ;ブータンの街角にたむろするイヌたち;イヌとニンゲンの“共存”についての覚え書き)

著者等紹介

大石高典[オオイシタカノリ]
東京外国語大学現代アフリカ地域研究センター講師。専門は生態人類学、アフリカ地域研究

近藤祉秋[コンドウシアキ]
北海道大学アイヌ・先住民研究センター助教。専門は文化人類学、アラスカ先住民研究

池田光穂[イケダミツホ]
大阪大学COデザインセンター教授・副センター長。専門は文化人類学、医療人類学、中米民族誌学、コミュニケーションデザイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

naoudo

9
忠犬ハチ公と軍犬 溝口元 秋田・大館から東京の渋谷へ列車に荷物として載せられた生まれてほどない秋田犬の子犬が、農業工学が専門であった東京帝国大学農学部上野英三郎宅で飼育され「ハチ」と名付けられ、飼い主の死後に「忠犬ハチ公」として忠犬の典型、日本犬の代表といっても過言ではない存在にまで祭り上げられていく過程に目を向けるものである。忠犬といえばハチ公、渋谷といえば忠犬ハチ公像、と直ちに想起される忠犬ハチ公は、飼い主に大事にされた恩義から飼い主の死後一○年間も渋谷駅で飼い主の帰りを待ち続けて美談となった。2019/11/16

そらパパ

4
あんまり面白かなかったです2019/10/02

マウンテンゴリラ

2
犬からみた人類史、というタイトルからは、犬の視点から人間を見返すという論述を想像し、それを期待したという面もあった。たしかに、そのような視点からの論考もなかったわけではないが、あくまでもそれは想像の範囲であり、人間側からの犬に対する勝手な思い込みや極端な美化に対する相対化を促すものとも捉えられた。そういう意味では、私のように犬と人との美しい物語、といった幻想に沿うことを期待し、そのような先入観を持つものにとっては、期待外れという感は少しあった。しかし、そのような人間側からの勝手な幻想に異を唱え、→(2)2021/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13859108

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。