新鋭作家論叢書<br> 柳美里―“柳美里”という物語

個数:

新鋭作家論叢書
柳美里―“柳美里”という物語

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 195p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055129
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

読むこと=考えること=書くこと。現代文学の最前線にいる作家をはじめて本格的に論じ、読む楽しみを再発見する。次世代の作家論に先鞭をつける“はじめての評論”。

目次

序章 物語の住人
第1章 物語のはじまり
第2章 家族という物語
第3章 物語の中の殺人
第4章 物語と癒し
第5章 痕跡から物語へ
第6章 「名づけえぬもの」の物語

著者等紹介

永岡杜人[ナガオカモリト]
1958年生まれ。文芸評論家。『言語についての小説―リービ英雄論』で第五十二回群像新人文学賞(評論部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優しい月

0
最近では珍しく、身を削って書くタイプのしかも女性作家、ずっと気になる存在で20代の頃から思い出したように読んでいた。『命』のシリーズも、人生の中の最大と言える出来事をよく作品にしている、改めて柳美里の底力のようなものを確認した感じ。2015/08/23

あかふく

0
おそらく今のところ柳美里について唯一のまとまった批評。『山手線内回り』までを扱う。柳美里の作品は自らを書いていくことで過去や存在について語ろうとしているものだとする。極めて分かりやすくまっとうな視点で、ただ作品の紹介などにさく部分がおおいためにちょっと薄い感じ。ベケットの影響などの示唆もあるので今後出る批評のためのもの。 2012/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1084778

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。