新鋭作家論叢書<br> 村上龍―「危機」に抗する想像力

個数:

新鋭作家論叢書
村上龍―「危機」に抗する想像力

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055112
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

この国の「危機」を描き続けた村上龍は、いつから「希望」を口にするようになったのか―現代日本を代表する作家の全貌がいま明らかに。

目次

第1章 「喪失」から始まる―『限りなく透明に近いブルー』
第2章 「戦争」へのこだわり―『海の向こうで戦争が始まる』『五分後の世界』『ヒュウガ・ウイルス』
第3章 「捨て子」の物語―『コインロッカー・ベイビーズ』
第4章 日本の「危機」を描く―『愛と幻想のファシズム』
第5章 「日本」を撃つ―『ラブ&ポップ』『ラッフルズホテル』
第6章 寂しい「国」の殺人―『イン ザ・ミソスープ』『オーディション』『ライン』
第7章 反「日本」―『共生虫』『エクスタシー』三部作
第8章 時代の「狂気」に抗して―『ピアッシング』『イビサ』
第9章 「侵略」に抗する―『半島を出よ』
第10章 「脱出」は可能か―『希望の国のエクソダス』
終章 「希望」、あるいは「キューバ」―「喪失」では終わらない

著者紹介

黒古一夫[クロコカズオ]
1945年、群馬県生まれ。法政大学大学院博士課程満期退学。文芸評論家・筑波大学大学院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

読むことは考えることであり、創造することである。これまで本格的に論じられることのなかった現代・新鋭作家を対象に、次世代の文芸評論に先鞭をつける「はじめての評論」シリーズ、刊行開始。現代日本の代表作家、村上龍を徹底的に批評。