あのころ読んだ小説―川村湊書評集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055044
  • NDC分類 019
  • Cコード C0095

内容説明

三〇年にも及ぶ批評活動のなかから、現代文学を中心に二五〇以上の書評を収録。本と読者の間にあって、両者を結びつける役割に徹してきた批評家による、第一級の読書案内。

目次

1 現代作家を読む(青野聰『七色の逃げ水』;青山光二『美よ、永遠に』;青山光二『海景暮色』 ほか)
2 芥川賞・直木賞を読む(米谷ふみ子『過越しの祭』;冥王まさ子『天馬空を行く』;三浦清宏『長男の出家』 ほか)
3 越境する現代小説(宇野鴻一郎『視姦』;貴志祐介『黒い家』;桐野夏生『ダーク』 ほか)

著者紹介

川村湊[カワムラミナト]
文芸評論家、法政大学国際文化学部教授。現代日本文学を中心に、古典、朝鮮・韓国文学、民俗学、宗教学など、様々な方面で多彩な評論活動を行う。1951年、北海道網走市生まれ。法政大学法学部政治学科卒。「異様なるものをめぐって―徒然草論」で群像新人文学賞、『南洋・樺太の日本文学』で平林たい子文学賞、『補陀落―観音信仰への旅』で伊藤整文学賞、『牛頭天王と蘇民将来伝説』で読売文学賞をそれぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)